「シベリアの力」パイプラインが中国への流れを開始

22 1月 2020
(写真:ガスプロム)
(写真:ガスプロム)

CNPCが支援する中国のパイプラインの運営者であるKunlun Energy Ltdは、水曜日に、中国が新たに発売された「Power of Siberia」パイプラインを介してロシアのガスを消費し始めたと述べた。

同社はロシアから毎日250,000〜300,000立方メートルのパイプラインガスを受け取っており、冬季の黒龍江の最北端の州都であるハルビンでのタイトなガス供給を緩和しています。

12月に打ち上げられた3,000 km(1,864マイル)のパイプラインは、ロシアのシベリアのガス田から中国に46億立方メートル(bcm)の天然ガスを送り、2021年には10 bcmに、2024年には25 bcmまで増加すると予想されています。


(Muyu XuおよびShivani Singhによる報告、Louis Heavensによる編集)