イギリスの石油、ガス生産量は昨年4%増

11 3月 2019
©Lukasz Z /アドビストック
©Lukasz Z /アドビストック

業界規制当局のOil and Gas Authorityによると、英国の石油とガスの生産量は、2018年に前年比4%増の1日当たり170万バレルの石油となりました。

「石油・ガス当局(OGA)は現在、2016年から2050年までの英国の総累積炭化水素生産量を2015年3月の予測を上回る39億バレルの石油換算量(boe)と予測している」と月曜日の報道で述べた。

昨年の上昇は、石油生産量の増加によるもので、ガス生産量の減少を補うものではありません。

「この増加は、2015年以来30以上の新たな分野が開始され、生産効率と資産の健全性が向上し、石油回収プロジェクトの強化と英国のオフショアライセンスラウンドが関連する探査、評価および開発のコミットメントに継続的に注力している」小賀は言った。

今後数年間で、OGAは生産が2024年におよそ130万頭のボーイングまで着実に落ちると予測します。


(Shadia Nasrallaによる報告、Mark Potterによる編集)

カテゴリー: オフショアエネルギー