イサカ、シェブロンの英国北海畑を買収

30 5月 2019
(写真:シェブロン)
(写真:シェブロン)

イスラエルのDelek Groupは木曜日、Ithaca Energyの子会社であるChevronの英国北海油田およびガス田の大部分を20億ドルで買うことに近づいた。

2016年の原油価格の下落から1バレル当たり26ドルの14年ぶりの安値への圧力の下で、北海の大手石油およびガス会社は、プライベートエクイティ担保の投資家および専門業者に資産を売却することを余儀なくされました。

Delekは、1月1日に遡って規制当局の承認待ちになっているこの買収により、イサカの試作品生産量は1日当たり8万バレルの石油に4倍になると述べた。 1月1日以降にこの分野からやってくる現金は、おそらくイサカによって支払われた価格をおよそ16.5億ドルまで下げるでしょう。

イサカ最高経営責任者レトーマスは、彼が9月に完了する予定の取引がDelekがロンドンの証券取引所にイサカをリストするのに十分に大きくするだろうと言いました。

トーマス氏はロイターに対し、「(デレク)は長期投資家であり、公用車の過半数の所有権を持つことに非常に満足している」と指摘した。

この取引により、シェブロンは、スコットランドのシェトランド諸島の西側にあるBPが運営するクレア油田の19.4の出資を含む、大幅に削減された北海の足跡を残しました。

「Chevronは2018年から2020年の間に50億ドルから100億ドルの処分目標を持っている。この取引により、Chevronは1年早々に目標範囲の下限に達する可能性がある」とシニアバイスプレジデントのTom Ellacott氏コンサルティング会社での分析ウッドマッケンジーは言った。

今月のノルウェーのDNOは、買収により北海での生産を拡大することを目指しているが、ConocoPhillipsは最近、北海での資産をプライベートエクイティ担保のChrysaorに売却した。

Delekは第1四半期に2億9000万シェケル(8000万ドル)に増収し、前年同期の2億4,300万ドルから19%増となり、Royal Dutch Shellとの間で10億ドルの買収で1億ドルの損失となった。メキシコ湾の分野で。

Delekは決算発表の中で、イスラエル沿岸のTamar天然ガス田からのガス販売量の増加と、Ithacaが買収したGreater Stella Area資産の統合により、第1四半期の売上高が17億8000万から19億9,000シェケルに増加したと述べた。 2018年末。

イサカは同四半期の1億6300万シェケルを前年同期の1億300万シェムから増やした。

Tamarのガス販売量は、前四半期の2.4 BCMから27億m 3に増加しました。

Delekが大きなシェアを持つ大規模なLeviathanプロジェクトは84%完成しており、2019年末までにガス販売の開始が予定されているとDelekは述べた。

同社は、1年前と変わらず、1億2000万シェケルの四半期配当を支払う予定です。


(1ドル= 3.6216シェケル)

(Justin George Varghese、Karina Dsouza、Shadia Nasralla、Tova Cohenによるレポート、Patrick Graham、Jason Neely、Alexander Smithによる編集)

カテゴリー: ファイナンス, 合併と買収