イランのルハニ氏、隣国の輸出脅威への示唆

投稿者Joseph Keefe15 7月 2018
ハッサン・ルハニ大統領は、イランの石油購入をすべての国に強制することを目標に、ワシントンが先に進めるなら、近隣諸国からの石油出荷を混乱させると脅した。
イランの大統領のウェブサイトに公開されたこのコメントは、スイスの記者会見で部分的に繰り返され、解釈が可能となった。しかし、彼が脅威を起こそうとしているかどうか尋ねられたとき、Rouhaniは明確化を提供することを拒否しました。
イランの当局者は、過去にイランに対する敵対的な米国の行動に対する報復として、主要な石油輸送ルートであるホルムズ海峡を塞ぐことを脅かした。
イランの石油輸出を完全に停止したいとの主張をしているが、イランの原油輸出は意味を持たないため、イランの石油輸出を完全に停止したいと主張している。彼は言い​​ました。
ルハニ首相は、ベルンで記者会見したところ、このような発言が近隣諸国の海運を妨害する脅威であるかどうかを尋ねたところ、「イランは石油を輸出できない唯一の石油生産国になると仮定すると間違った前提だ。米国は決してイランの石油収入を削減することはできない」と述べた。
米国は5月に多国籍企業との契約を解除し、核計画の抑制の見返りにイランに対する制裁を解除した。ワシントンは以来、11月4日からイランの石油の輸入をすべて止めなければならない、あるいは免除なしで米国の財政措置に立ち向かわなければならない、と述べている。
ルハニ氏は、新たな米国の圧力は決してうまくいかないと語った。
「生産国のすべてが余剰原油を輸出でき、イランは原油を輸出することができないだろうと、間違っていて賢明ではない。
関心がある限り、対処することを約束
イラン大統領は、今週末にイランと2015年の核取引の当事国である5つの世界大国間の会合に先だって、欧州に支持を集める。
「イランは、利益が確保されている限り、引き続きこの取引にコミットする」とルーハニー氏は述べた。テヘラン外務大臣は、金曜日にウィーンで英国、フランス、ドイツ、ロシア、中国の米国勢力と会談し、核取引を維持する方法について協議すると述べた。
他の5人の権力は、米国の撤退決定にもかかわらず、依然として協定を支持していると言っている。イランは、欧州諸国に対し、米国の制裁措置を相殺し、協定を維持するための新しい経済的包括案を策定するよう求めている。
イランの国営通信社IRNA(IRNA)は、「イランの要求に応じて開催されるこの会議で、イランと5つの世界大国の外相は、提案された欧州のパッケージと協定を保護するための措置について議論する」と述べた。
ドナルド・トランプ大統領が5月に撤回することを決定し、協定に深刻な欠陥があることから、欧州諸国は、イランが取引で必要とされる核抑止力を維持するために十分な経済的利益を確保するように奮闘している。
しかし、これまでのところ、米国の制裁を継続することの影響を相殺することは困難であることが証明されており、欧州企業は、米国の金融制裁措置をはるかに超えてイランで事業を行うリスクに躊躇している。
石油輸出国機構(OECD)の第3位の生産国であるイランは、1日当たり約200万バレルの原油を輸出している。

ホワイトハウスは土曜日、サウジアラビアのサルマン国王が必要に応じて石油生産を引き上げることができると約束したこと、そしてリヤドは1日当たり200万バレルの余裕を持っていると伝えた。

Silke Koltrowitz著

カテゴリー: エネルギー, タンカーの動向, ファイナンス, ロジスティクス, 契約, 政府の更新, 法的, 海上安全, 海洋安全保障