イラン:新たな制裁が石油産業を止めない

投稿者Joseph Keefe7 5月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©Maksym Yemelyanov)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©Maksym Yemelyanov)

イランの石油産業は、米国が2015年のイランの核取引を断念したとしても引き続き発展し、テヘランは石油を売ることができる限り、同協定が操業していると石油省のウェブサイトが報じた。

ドナルド・トランプ米大統領は、欧州連合(EU)の署名国が「欠陥」と呼ぶものを修正しない限り、5月12日に失効した制裁措置を延長しないことで、イランの取り引きを撤回すると脅している。イランに新たな制裁が課せられたとしても、私たちの石油産業の発展は続くだろう」とシャナは、イラン石油会社の副議長を務めるGholamreza Manouchehriは言った。米国と欧州連合(EU)による2012年初頭にイランに課された制裁は、制裁解除前の日量250万バレル(bpd)のピークから、100万バレル強に抑制された。

しかし、イランの核開発に関する制裁措置の結果、国際的制裁が中断された2016年1月、イランは主要石油輸出国として再び浮上した。
Amirhossein Zamaninia副首相はまた、米国が引き出したとしても、「我々の石油とその製品を売り続けることができれば、この取引を生きていると考えている」と述べた。 「我々は、何十年もの制裁措置から、石油の売却方法を学んだ。
石油輸出国機構(OPEC)、ロシアおよび他のいくつかの生産者は、2017年1月に供給不足を解消し、価格を抑えるために石油生産を削減し始めた。彼らは2018年12月まで協定を延長し、6月に会合して政策を見直す。
「イランはいつもの状況下でOPECの決定を後押ししている...しかし、イランはいつも自国の利益を優先する。石油を増産する者は誰でも、市場でより多くの権力を持つ」とザマニニアは語った。
イランは、今後4年間で原油生産能力を470万バレルに引き上げることを目標としている。
Parisa Hafeziによるライティング
カテゴリー: エネルギー, タンカーの動向, ファイナンス, 中東, 契約, 政府の更新, 法的, 海洋安全保障, 燃料&ルブ