インド、イランの原油輸入を抑制

Nidhi VermaとSai Sachin Ravikumar著18 7月 2018
©Jose Gill / Adob​​e Stock
©Jose Gill / Adob​​e Stock

インドの精製業者は先月イラン石油の輸入を減らし、11月に発効する予定の米国の制裁を避けるため、原油を原油から引き離す作業を開始した。

イランからの毎月の石油輸入は、6月の1日当たり592,800バレル(bpd)に低下し、業界および出荷元のデータによると、5月より16%減少した。

5月の米国は、イラン、ロシア、中国、フランス、ドイツ、英国との2015年協定から撤回した後、制裁を再燃させると述べた。テヘランはこれまでの制裁解除の代償として核活動を抑制することに同意した。

インド政府は、先月、イランの石油輸入量を大幅に減らすか、ゼロにするための準備を迫った。

第1セットの制裁は、8月6日以降、石油分野を中心に、11月4日に終了する180日間の「風下げ期間」に続き、残りの部分は有効である。

米国の当局者は、6月に、イランの石油輸入をゼロにするよう各国を押し進めると述べた。インドの精製業者は、米国の金融システムへのアクセスを維持するための制限を遵守したいと考えています。

「トランプ政権はイランからの原油、凝縮物および製品の輸出をゼロにするだろう」とエネルギー・コンサルタントFGEのスエズ・オイル東部の責任者、Sri Paravaikkarasuは述べた。 「ゼロ・トレランス政策とそれが動いているペースは、イランの現在の原油買い手に関係している」

全体的にみると、6月のインドの石油輸入量は、前年同期比10.1%増の482万バレルとなった。メキシコ、米国、アゼルバイジャンからの原油摂取量が増加したことにより、全体的な買いは増加した。他の中東サプライヤーからの輸入も増加した。

インドの6月のイランからの輸入を、民間の精製業者による低価格買取により引き下げたが、州の精製業者は購入を強化した。

情報筋によると、先月、ロイター通信によると、ナヤラ・エナジーとリライアンス・インダストリーズ社は、民間の精製業者がイランの石油輸入を止める計画だと語った。両社は6月にイランからの輸入を大幅に削減した。

HPCL-Mittal Energy Ltdは6月にイランの石油輸入を2ヶ月間スキップし続けた。

インドの約500万バレル/日の精製能力の約60%を占める国家精製業者は、6月のイランの生産量を5月に比べて10%多く、約454,000バレル/日で上回った。情報源は、メディアに話す権限がないため、特定されなかった。

毎年、イランからの輸入は19.5%増加しているというデータが示された。

イランの天然ガス田の開発権に関する紛争のため、2017/18会計年度にインドの州の精製業者はイランの石油輸入を削減した。

しかし、イランが自由貿易を提案し、60日の延長されたクレジット期間を与えた後、州の精製業者は今年4月から現会計年度に輸入を引き上げた。

2018年の最初の6か月間に、インドのイランの石油輸入量は8.4%増の585,000バレル/日に達した。

今年度第1四半期の4月から6月にかけて、イランの原油輸入量は前四半期比約24%増の約647,000バレル/バレルとなった。

この期間の州の精製業者による輸入は、191,700バレル/日から約413,400バレル/日に倍増した。

インドの精製業者は、7月16日から17日に予定されている米政府当局者との会談後に、米国がどれだけ削減してほしいかについて、より明確になるだろうと、国営石油精製会社の関係者は述べた。問題。

(Nidhi Vermaによる報告; Christian Schmollingerによる編集)

カテゴリー: タンカーの動向, 政府の更新, 政府の更新