インド、国営石油・ガス企業にインセンティブを提供

20 7月 2018
©weerasak / Adob​​e Stock
©weerasak / Adob​​e Stock

石油天然ガス社と石油会社は、1999年以前に石油とガスの株式を保有している限り、ロイヤルティと税金を払うことになると、インドの石油相ダーメンデラプラダンは閣議後、

Pradhan氏によると、同社は以前の生産分与契約でブロックから100%ロイヤリティと税金を払わなければならなかったため、ブロックの生産拡大に投資することは大きな阻害要因となっていたという。

プラドハンは、水曜日の閣議で、石油・ガス会社に与えられた期間をインドの北東部で炭化水素塊を開発するまで延長したと述べた。このブロックからの生産は、天然ガスの市場価格と関連している、と大臣は述べた。

プラドハンは、政府が、インドの最初の入札ラウンドが開始された1999年以前に行われた石油・ガス塊に関する資本支出の免税を行うことも決定したと述べた。

大臣は、困難な地域に位置する石油・ガス塊の危機により、7日間から14日間の不可抗力を発表する日数を増やした、と述べた。

プラドハンは、これらのインセンティブが、国有企業2社が石油とガスの生産を増やすために投資するのを助けると語った。


(Promit Mukherjeeによる報告; Edmund Blairによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス, 政府の更新, 政府の更新