インド、国有石油会社への外国投資を誘致

スタンリー・カルヴァリョ12 11月 2019
©NAKORN P / Adobe Stock
©NAKORN P / Adobe Stock

国際エネルギー会社は、国営石油会社のインドの民営化に参加するよう招待される、と国の石油大臣ダルマドラ・プラダーンは月曜日遅く述べた。

プラダン氏は、インドのナレンドラ・モディ首相が最近、エクソン・モービル・コーポレーション、BP Plc、ロイヤル・ダッチ・シェル、ロスネフト石油、サウジアラムコ、アブダビ国営石油会社(アドノック)などのヒューストンのエネルギー会社の最高経営責任者と会談したと述べた。

これは、プラダンが政府の意図を国の石油会社に外国投資をもたらすことを示す初めての例です。

「私たちは石油メジャーを招いています」と、ダーメンドラ・プラダンはアブダビでのエネルギー会議で記者団に語った。

「彼らはすべてインドのエネルギー市場に向かっている」と彼は言った。

回答が肯定的かどうかを尋ねられ、彼は「私は非常に熱心だ」と述べた。

大臣は、アラムコとアドノックと協力して、インドの西海岸で計画されている石油精製所が正しい軌道に乗っていると言いました。彼が言ったのは、プロジェクトが計画されているマハラストラ州で新しい政府が形成されると、より明確になるでしょう。

アラムコとアドノックとの強固な取引はすぐに封印できるかと尋ねられ、彼は「そう思う」と言って、タイムラインを与えることを辞退した。

また、インドはロシアからの原油輸入に対しても開かれている、と彼は言った。 「私たちは、責任とリーズナブルな価格を提供してくれる人なら誰でも世界中から要件を調達することができます。ロシアは私たちにとって非常に重要なパートナーです。」

Indian Oil Corpの会長は月曜日、同社はロシアの石油購入を検討していると述べた。


(Stanley Carvalhoによる報告、Christian Schmollingerによる編集)

カテゴリー: ファイナンス