ウガンダ、2021年に初めての石油生産を期待

エド・ストッダード8 11月 2018

ウガンダは、当初予定していたよりも1年遅れの2021年に石油生産を開始する予定で、石油精製所は2023年までに稼動しなければならないとの見通しを示した。

フランスのトータルはウガンダの油田に投資し、中国のCNOOCと英国のTullow Oilに投資しています。

アイリーン・ムロニ氏は、ケープタウンで開催されたアフリカ・オイル・ウィークの会議で、「私たちの最初の目標は2020年だった。それはスリップしたようで、今は2021年を見ている。この日付は業界の目標と一致しています。

4月、ウガンダはゼネラル・エレクトリックの子会社を含むコンソーシアムとの間で、30億〜40億米ドルの1日当たり6万バレルの製油所を建設し、運営する契約を結んだ。

ムロニ氏は、製油所は2023年までに操業するべきだと述べた。

ウガンダは10年以上前に原油埋蔵量を発見したが、税金や開発戦略に対する現地事業者との意見の相違により、生産の開始が繰り返し遅れている。

ウガンダは当初、製油所が完成するまで石油を生産しないとしていたが、その時刻表は近隣のタンザニアを蛇行させる計画された輸出パイプラインによって推進されている。

Muloni氏は、「迅速に対応することを期待しています。最終的な投資決定を待っています。フロントエンドのエンジニアリング設計は完了しており、政府の承認プロセスを進めています。

彼女は2018年の終わりまでにこれが行われることを期待していたが、来年は今より多くの可能性を秘めていると述べた。

トータルは、プロジェクトに部分的に資金を出そうとしていることを示しています。このパイプラインは、官民パートナーシップとして開発されています。

政府の地質学者は、ウガンダは、コンゴ民主共和国との国境沿いにあるアルバート渓流に65億バレルの原油埋蔵量を持っていると推定している。

ムロニ氏は、石油を発見する成功率は85%以上であり、その場所で石油を発見するコストは1バレル当たり1ドル未満であると述べた。


(スーザン・フェントン編集)