オイルサージス5%

クリストファージョンソン3 12月 2018
©weerasak / Adob​​e Stock
©weerasak / Adob​​e Stock

米国と中国が貿易紛争の90日間の停戦に合意した後、原油価格は5%以上上昇し、供給を削減すると予想される生産者クラブOPECの今週の会合に先だって合意した。

米国の軽質原油は、前日比5.7%高の53.85ドルとなり、前日終値比2.33ドル高の1バレル= 2.92ドルとなった。ブレント原油は5.3%高の3.14ドル高の62.60ドルで取引され、最後は61.75ドル前後で取引された。

「アルゼンチンからアルベルタまで、石油市場のニュースは供給削減に関するものです」と、スイスの銀行Julius Baerの商品調査の責任者Norbert Ruckerは語っています。 "明るい市場の気分は、近い将来に、今日の価格上昇を拡大する可能性が高い。

中国と米国は、アルゼンチンで開催された週20回の主要経済グループの会合で、既存の紛争を解決するために協議を行っている間に、少なくとも90日間追加の関税を課さないことで合意した。

世界の2大経済国間の貿易戦争は、世界的な貿易に大きく左右され、景気の減速懸念を招いている。

輸入関税に直面している製品のリストには原油は含まれていないが、トレーダーらは、停戦の肯定的な感情も原油市場を押し上げていると述べた。

石油はまた、カナダのアルバータ州の発表によると、原油貯蔵につながったパイプラインのボトルネックに対処するために、生産者に生産量を8.7%(1日当たり325,000バレル)削減することを強いられた。

石油輸出国機構(OPEC)は、12月6日に産出政策を決定するため会合する。同グループは、OPEC非加盟国ロシアとともに、10月以降原油価格を3分の1引き下げた生産余剰の削減目標を発表する予定である。

ウラジミールプーチン大統領がサウジアラビアとの石油供給に関する協力を継続すると述べた後、市場は大幅な生産減を見込むとの見通しを示した。

カタールは、OPEC内で、1月に生産者クラブを離れると発表した。

カタールの石油生産量は約60万バレルにすぎませんが、世界最大の液化天然ガス(LNG)輸出国です。

湾岸諸国はまた、事実上のOPEC首脳であるサウジアラビアのはるかに大きな近隣諸国と対立している。

OPECの外では、ロシアの石油生産量は11月に1137万バレルに達し、エネルギー省のデータは日曜日にソ連の1114.1百万バレル/日に達した。

一方、米国の石油生産会社は、過去最高の1,155万バレル/日の原油生産量で、過去最高の石油生産量を維持し続けています。

掘削活動は依然として高いため、大部分のアナリストは2019年に米国の石油生産量がさらに増加すると予想しています。


(Christopher JohnsonとHenning Gloysteinによる報告; Kirsten DonovanとMark Potterによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス