オイルブレイク60ドル以上

アマンダ・クーパー26 11月 2018
©artemegorov / Adob​​e Stock
©artemegorov / Adob​​e Stock

原油価格は1バレル= 60ドルを超え、前回の7%近く下落したが、世界経済の不透明感がそれを上回った。

ブレント原油先物は1445GMTでバレル当たり1.84ドルから​​60.64ドル上昇し、金曜日の売り越し後には米国先物は1バレル当たり1.47ドルから51.89ドルとなり、両者の契約は13ヶ月ぶりの安値となった。

カントール・フィッツジェラルド油・ガスアナリスト、ジャック・アラルディス氏は、「現時点では「普通」とは思われないため、60ドルが新しい法案かどうかは言い難い」と述べた。

「最近の弱みは、実際の触媒の不足を踏まえて劇的になっているようだ。弱い株式、地政学、その後の需要の軟化、供給の増加の中で、より深刻な危機感が強まったようだ。

国際エネルギー機関(IAEA)は、世界の石油需要は、2019年に年間1億バレルとなり、1日当たり140万バレルとなっていると予測しているが、これは6月の150万バレル/

主要な新興市場経済での需要の低迷、借り入れコストの高まり、米国と中国の貿易紛争による世界的な成長への脅威により、投資家は株式や株式などの世界経済とより密接に関連した資産から投資家を押し出した油。

11月だけでも、ブレントと米国の原油先物の保有高が過去最高を記録したことに加え、この月の平均原油価格に対するオプションが低下したことに基づき、ヘッジファンドは石油市場から120億ドル以上を引き出した。

石油輸出国機構(OECD)の産出量がほぼ確実に削減される見通しでさえ、このスライドを止めるには十分ではなかった。

コメルツ銀行は、「原油価格はすでに誇張されたダウンスイング段階に入っている。これは、遅くとも12月初めにOPECが大幅に減産することに同意することが明らかになったからだ。

フィッチ・ソリューションズのアナリストらは、12月6日の公式会合に続いて、石油輸出国機構(OPEC)が率いる期待された供給削減でさえ、「弱気相場を打ち消すには十分ではないかもしれない」と述べた。

オプション市場は、OPEC産品とより密接に関連しているブレント原油の投資家が、現在のベンチマーク先物価格を10ポイント下回る石油先物を売却する権利を所有者に与える義務を負う契約保有を増加させたことを示しているパーセント。

これは、特定の日までに現在の価格を上回る石油先物を購入する権利を所有者に与えるオプションの保有額がわずか4.5%増加したことと比較しています。


(Henning Gloysteinによる追加報告; Alexander SmithおよびLouise Heavensによる編集)

カテゴリー: エネルギー