オフショア・ウィンド・パートナーを求めるPGE

Laxman Pai7 12月 2018
画像:PGE
画像:PGE

ポーランド国営電力会社Polska Grupa Energetyczna(PGE)は、ダックス・パーティーを招き、最大2.55GWのオフショア風力発電所を建設する会社と協力する可能性があります。

ポーランドの電力グループは声明で、オフショア風力発電所の開発にノウハウを持つ経験豊富なパートナーを募集していると述べた。 2つの施設、1,500 MWのBaltica 2と1,045 MWのBaltica 3は、Lebaの町に近いポーランドの海岸の北30キロに位置し、2025年以降に完成する予定です。

PGEは、最終的に、オフショアプロジェクトを準備している2つの特別目的車両の最大50%の株式を売却し、合弁事業でパートナーと共に操業を続けようとしている。

この要件を満たすためには、PGEのパートナーは、欧州市場におけるこのタイプの投資の実施、技術的側面および請負業者管理におけるこれらのプロジェクトの支援、およびPGEとのこの分野におけるノウハウの共有に適切な経験を有するべきである。

オフショア風力発電所は、2020年以降のPGEグループの戦略的開発オプションの1つを構成しています。現在、必要な環境許可が確保されており、風況が調査されており、電源断やその他の技術活動が進行中です。予備的地質調査の準備も進んでいます。

"計画された投資の分野におけるバルト海の風の測定は、2018年1月から継続しています。これまでのところ、調査地域の風況は非常に良好でした。 PGE Polska Grupa EnergetycznaのCEO、Henryk Baranowski氏は、当社の現場での推定風速は9m / sを超える可能性があると指摘しています。

PGEは、来年、風力発電所の環境条件に関する肯定的な決定を受ける予定です。スケジュールによると、PGEグループの最初のオフショア風力発電所からの電力は、2026年に商業運転が始まるかもしれないが、2025年ごろに流れ始めるかもしれない。

オフショア風力発電事業の建設プログラムは、再生可能エネルギーの目標を達成するための重要なツールの1つとして海岸沿いにある協議のために最近出されたポーランドのエネルギー政策2040に沿っている。

カテゴリー: オフショアエネルギー, 技術, 政府の更新, 政府の更新, 風力