オフショア風は2030年に欧州の電力の10%を占める

投稿者Joseph Keefe8 3月 2018
ファイルImage(Siemens)
ファイルImage(Siemens)

Windyuropeは、オフショア風力発電所で発電された電力は、2030年までに欧州全体の電力需要の10%を2017年の1.5%から10%も上回る可能性があるとの見通しを示した。
WindEuropeのアナリスト、Tom Remy氏は、2030年までに風力タービンの最大容量が15メガワット(MW)に達する可能性があると付け加えた
先週、ゼネラルエレクトリックは12メガワットの容量を持つ世界最大のオフショア風力タービンを建設する計画を発表し、2021年に最初のユニットを出荷できるはずだと述べた

北海はヨーロッパの沖合風の最大の地域となり、続いてバルト海が続くとレミーは述べた。

Lefteris Karagiannopoulosによる報告

カテゴリー: エネルギー, オフショア, オフショアエネルギー, ニュース, ファイナンス, 再生可能エネルギー, 契約, 海軍力, 環境, 風力