コノコフィリップスの英国資産を購入するためのクリソア

18 4月 2019
J地区のジュディ(写真:ConocoPhillips)
J地区のジュディ(写真:ConocoPhillips)

Chrysaorは、英国でConocoPhillipsの石油およびガス探査および生産資産を26億7500万ドルで買収することに合意した、と両社は発表した。

売却される資産に関連する2018年通年の生産量と2018年末の保証埋蔵量は、それぞれ1日当たり約72,000バレルの石油当量(boepd)と約9,900万バレルの石油当量(boe)です。この買収により、Chrysaorのプロフォーマ2018年生産量は177,000 boepdに増加し、Chrysaorは英国北海で最大の石油およびガス生産国の1つとなりました。

この取引は2018年1月1日にさかのぼり、規制当局の承認およびその他の条件により、2019年後半に完了する予定です。プライベート・エクイティの支援を受けているChrysaorは、買収資金を既存の資金源と30億ドル相当の準備金ベースの融資(RBL)債務で調達すると発表した。

会長兼最高経営責任者(CEO)のRyan Lanceは、次のように述べています。「私たちは過去50年間に英国で築いてきた遺産を非常に誇りに思い、Chrysaorがこのビジネスの価値を認識しています。 「この傾向は、ポートフォリオを磨き、将来の低コストの供給機会に投資を集中させるための、現在行われている取り組みの一部です。」

ConocoPhillipsは、ロンドンを本拠地とする商業取引事業と、Teesside石油ターミナルに対する40.25%の権益およびその運営を維持すると発表した。

コノコフィリップスは、特に米国を中心に、世界の他の場所で低コストのビジネスチャンスに焦点を移しています。北海上流のWood MackenzieシニアアナリストであるRomana Adamcikova氏は、次のように述べています。

Chrysaorの最高経営責任者であるPhil Kirkは、Chrysaorにとって、この買収は欧州の独立系フルサイクル探査および生産会社としての地位を強化すると述べた。

Chrysaorは、英国中部北海にある2つの新しい運営拠点BritanniaとJ-Block、およびWest of Shetlands地域にあるClair Field地域への持分を含め、3つの重要な資産をポートフォリオに追加します。

「中部北海では、英国で最大の未開発の偶発的かつ見込みのある石油およびガス資源ベースの地域にアクセスポイントを提供する一連の運営中のハブインフラストラクチャを所有します。 West of Shetlands地域では、BPが運営する2つのワールドクラスの分野から長寿命のキャッシュフローを確保しています。クリソアのシェトランド諸島西部の地位はまた、主要な石油会社から大きな関心と勢いで発展途上地域へのエクスポージャーを提供しています。私たちは、追加の利子と面積を獲得することによって、それをさらに強化しようとします」とKirkは言いました。

「この重要な買収は、英国の北海が石油とガスの生産にとって将来的に大きな可能性を秘めているという私たちの確信を反映しています」とKirk氏は言います。 「これらの資産は、既存の事業を補完するものであり、拡大したグループ全体で1バレル当たり15ドル未満の事業コストで、高い利益率と大幅なプラスのキャッシュフローを実現しています。」

「私たちは北海で大きな成長の機会を見ており、私たちの新しい同僚と協力して、私たちの価値と成長の目標を安全に維持し、達成することを楽しみにしています。」

発効日現在、英国のコノコフィリップスの資産には、2億8000万人以上のボウが立証された可能性が高い(2P)石油およびガス埋蔵量が含まれており、さらに重要な条件付きの資源基盤があります。

2019年1月1日現在、コノコフィリップスから取得した資産を含めて、クリソアのプロフォーマ2P準備金は合計6億ボー以上の準備金です。 2019年のプロフォーマ生産は、同社の既存および新規に取得した資産全体にわたる積極的な掘削および開発プログラムに牽引され、185,000ブープを超えると予想されています。

「この契約により、2019年にChrysaorは英国のトッププロデューサーとなり、今後数年間は英国の最大のプロデューサーの間で維持されるでしょう」とAdamcikovaは語った。 「2017年に同社がShellから一連の資産を取得する前は比較的小規模な生産者だったことを考えると、これは驚くべき成長の話です。」

Wood Mackenzine氏によると、Chrysaor氏、BP氏およびTotal氏は今年、英国のトップ3社になるでしょう。来年、トータルがトップの座を占め、続いてBP、それからクリサオルが続くでしょう。

Adamcikovaによると、この取引は、近年、北海全域で見られるテーマであり、地域を中心とした民間企業がより大規模な国際的企業から資産を取得しているという。 Chrysaorはすでに、Greater Armada地区での努力により、より古い資産を取得し、生産量を増やすために投資する意思があることをすでに示しています。

「それはここでも同様のアプローチをとることができ、特に現在はさらに成長する可能性がある中部北海のブリタニアおよびJエリアのハブで運営者となっている」と彼女は言った。

ChrysaorがすでにSchiehallion分野に関心を持っているシェットランド西部地域を見て、Adamcikovaは次のように述べています。「この地域には大きな成長の可能性があります。中長期的な生産見通しを強化する。

Chrysaorはまた、英国南部北海におけるConocoPhillips UKの廃止予定資産に関する継続的な廃止措置プログラムの責任を引き受けます。 Chrysaorは、2022年までにこのプログラムの実行を実質的に完了することを計画しており、英国における長期的な商業的機会および実現要因として廃止能力を評価しています。

クリサオルの会長、リンダZクックは、次のように述べています。「北海の自然の進化に役割を果たし、コノコフィリップスなどの大手石油会社から新しい、資金の豊富な個人資産への資産の安全な移管を可能にします。所有オペレータこのプロセスによって、売り手と買い手の両方にとってかなりの成果がもたらされます。その一方で、Chrysaorなどの新しい資産所有者は、再投資と成長に必要な戦略と資本をもたらします。その成果は、活性化された石油・ガス部門、既存分野の生産寿命の延長、そして炭化水素資源回収の最大化です。」

イギリスのOGUK、Deirdre Michie氏は、次のように述べています。流域内のプレーヤーのこの多様性は、今後数十年にわたって国内の石油とガスの供給を提供する持続可能な産業を確保するのに役立ちます。

「これらの変化は、北海が引き続きエキサイティングで長期的な魅力的な投資機会であることを補強します。ビジョン2035を見据えて、私たちの挑戦は、流域全体の競争力を維持し深めることに注力することです。」

エリアフィールドオペレーター取得した資本
完了後エクイティ
Jエリアジョアンコノコフィリップス
36.5% 67%
ジュディコノコフィリップス
36.5% 67%
翡翠コノコフィリップス
32.5% 63%
ジャスミンコノコフィリップス
36.5% 67%

グレーターブリタニアエリア
ブリタニア
コノコフィリップス
58.65% 58.65%
ブロドガーコノコフィリップス
93.75% 93.75%
カラニッシュコノコフィリップス
83.5% 83.5%
Enochdhu コノコフィリップス
50% 50%
アルダーシェブロン 26.32% 26.32%
東アイルランド海発信者コノコフィリップス(契約に基づきスピリットエナジーが管理)
100% 100%
ミロムとダルトンコノコフィリップス(契約に基づきスピリットエナジーが管理)
100% 100%
リバーズターミナルコノコフィリップス(契約に基づきスピリットエナジーが管理)
100% 100%
クレアクレア BP 7.5% 7.5%
その他の製造業ニコルプレミア 18% 18%
ガレオンシェル 8.4% 8.4%
インフラ
タカ 0.815% 0.815%

EnQuest 0.494% 0.494%

ケラスミッドストリーム 0.66% 0.66%

ケラスミッドストリーム
10% 10%


カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー, 合併と買収