サウジアラビア国王、石油供給を議論する

1 10月 2018
©Eugene Sergeev / Adob​​e Stock
©Eugene Sergeev / Adob​​e Stock

ドナルド・トランプ米大統領は、土曜日にサウジアラビアのサルマン国王に電話し、石油市場の安定と世界経済の成長を確保するための供給を維持する努力について話し合ったという。

米国大統領が原油価格の高騰についてOPECを批判し、11月の中期選挙に先立ち、原油生産量を引き上げるために輸出グループに再び呼びかけた後、

サウジアラビアは、世界一の石油輸出国であり、OPECの事実上のリーダーです。

先週ニューヨークで開催された国連総会で、トランプ氏はOPECメンバーが「いつものように世界の他の国々を切り開いている」と述べた。

トランプ氏は、「私はそれが好きではない。誰もそれを好きではないだろう」と述べた。

「われわれはこれら諸国の多くを無防備にして、高い原油価格を与えることによって我々を利用する」と述べ、「価格の引き上げをやめさせ、価格引き下げを開始したい」と述べた。

ホワイトハウスは声明で、両首脳は詳細を明らかにせずに「地域問題に関する問題」と呼びかけた。

原油価格は金曜日に1%以上上昇し、他の主要輸出国が生産を増やしたとしても、テヘランに対する米国の制裁がイランの原油輸出を圧迫し、供給を引き締めたため、ブレントは4年ぶりの上昇となった。

ブレント原油LOCC1先物は1バレル= 82.72ドルで取引され、米国西部テキサス中級(WTI)の原油CLc1先物は73.25ドルで決済された。

サウジアラビアは、イラン生産の減少を相殺するために石油を市場に投入することが期待されている。 OPECの政策に精通している2人の情報筋は、ロイター通信に対し、サウジアラビアをはじめとするOPECと非OPECの生産者は1日当たり約50万バレルの生産増を議論していると述べた。

しかし、OPECやその他の大手石油生産会社は、これまでの公的な生産高の増加を排除してきた。この動きは、事実上、石油生産業者に対するトランプの要求を却下した。


(カイロのAli Abdelatyによる報告、Alexandra HudsonとRichard BorsukによるドバイのRania El Gamalの著書)

カテゴリー: エネルギー, 中東, 政府の更新, 政府の更新