シェル、2020年、2021年にブラジルのルーラフィールドのピーク生産量を見込む

26 9月 2018
(ファイル写真:BW Offshore)
(ファイル写真:BW Offshore)

ロイヤル・ダッチ・シェルの幹部は、ブラジルの生産拠点であるルーラ(Lula)は、2020年または2021年にピークを迎え、来年1百万バレルの石油換算額を達成すると発表した。

ShellのSantos basin's Lula、Sapinhoa、Iracema、LapaのゼネラルマネージャーであるCristiano Pinto da Costaによると、来年の生産量の増加は、2019年にオンラインになるP-67プラットフォームとP-69プラットフォームの発売によって助けられるだろうフィールド。

ルーラ鉱区は、7月時点で1日当たり平均87万9000バレルの原油を保有していた。これは、ブラジルの国営石油会社Petroleo BrasileiroによってシェルとポルトガルのGalpとのコンソーシアムで運営されています。

石油価格の高騰と埋蔵量の減少は、海洋底の下に厚い塩の層の下に数十億バレルの石油が潜んでいる、ブラジルの多量の海上前塩層に大きな賭けをするためのメジャーの間の食欲を高めた。

金曜日、ブラジルは、石油業界における市場優位な改革を後押しする計画で、左翼政権を大統領に出すことができる、来月の選挙に先立って、最後のプレソルオークションを開催する。

リオデジャネイロで開催された石油会議の席上で、Pinto da Costaは、Lapaフィールドの第3段階の開発段階は依然として非常に早い段階であると述べた。

「現在の井戸がない場所の一部に、将来の生産をもたらすために、より多くの井戸を掘削することの可能性を研究している」と同氏は述べた。

しかし、18ヵ月から24ヵ月間、投資や特定の井戸の決定は行われないだろう、と彼は付け加えた。


(Marta NogueiraとAlexandra Alperによる報告; Christian PlumbとLeslie Adlerによる編集)

カテゴリー: エネルギー, オフショア, オフショアエネルギー, 深層水