デボン・エネルギー、石油生産指導を調達

1 5月 2018

シェール・オイルのデボン・エナジー社は、今年の生産量が前回予想の14%から昨年に比べて16%増加すると予想していると発表した。

オクラホマに本拠を置く同社は、3月31日に終了した四半期に1日当たり251000バレルの原油とビチューメンを生産し、バレル当たりの実現価格は21%上昇し62.93ドルとした。

総収入は35億5000万ドルから3800万ドルに増加し、同社の株式は鐘の後の取引で2.12%増の37.1ドルとなった。

3月31日に終了した3ヶ月間の企業株主に帰属する純損失は、前年同期の3億3000万ドル(1株当たり58セント)の利益と比較して、197百万ドル(1株当たり38セント)でした。

トムソン・ロイターI / B / E / Sによると、アナリストの平均見積もりに沿って、1株当たり20セントの利益を上げた。


(Yashaswini SwamynathanとDiptendu Lahiriによる報告; Arun KoyyurとPatrick Grahamによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス