デンマークは北海の生産ディップとして純石油輸入者に振り向く

投稿者Joseph Keefe30 8月 2018
ファイルイメージ:CREDIT Maersk
ファイルイメージ:CREDIT Maersk

デンマークの原油輸出国としての25年間は、北海での生産が減少した後、今年中に終了する予定である、との見通しを示した。

デンマークエネルギー・エージェンシーは、今年の石油生産量が昨年の138,000バレル/日から1バレルあたり128,000バレルに達し、前年の予想を10%下回ると予想している。

生産見通しの低下は、北海資源の下方修正、いくつかの分野および発見の開発に関する遅れおよび不確実性の増加によるものであった。

デンマークは1993年以来、正式な石油輸出国であり、水平掘削などの技術開発により北海の難しい埋蔵量を抽出することができました。生産は39万バレル/日で2004年にピークに達した。

デンマークが長年にわたり石油の純輸出国にとどまることが期待されていることから、正味輸入者へのフリップは驚くべきことである。しかし、2024年を除いて、北欧の石油消費量は生産を上回っているように見える。

エネルギー代理店は、2017年の前回予測と比較して、5年間の生産予測を14%、長期予測を8%削減した。

昨年、Maersk Oilは、夏の間、745億ドルの取引でTotal夏に販売した。同社のパートナーは、北部のデンマークで最大の投資であるTyraフィールドの再開発に、210億ドルのデンマーク王冠(33億ドル)を投資することに決めた海。

タイラの施設の再建は、2020年と2021年に石油生産に打撃を与えるだろう、とデンマークエネルギー機関は語った。

この分野のトータルパートナーは、デンマークのアンダーグラウンド・コンソーシアムを通じてシェル、シェブロン、デンマーク国有のノルソフォンデンです。

ガス生産量の予測は5%削減されたが、デンマークは2035年まで純輸出国にとどまることが大いに期待されている。

Stine Jacobsenによるレポート

カテゴリー: オフショアエネルギー, ファイナンス, ロジスティクス