フィンランド、バルト諸国、ポーランド経由のパイプガス輸入を目指す

Lefteris Karagiannopoulosによる15 11月 2018

フィンランドは、将来、ロシアからのガス輸入依存を減らす努力の一環として、バルト諸国とポーランドを通じたパイプ網を通じ、ノルウェーからガスを受け取ることができます。

ヘルシンキとタリンは、フィンランド湾の下、バルトコネクターと呼ばれるエストニアへのガスパイプラインを建設しており、1日に720万立方メートルのガス輸送能力を備えています。

"計画は、フィンランドが欧州のガス網に完全に接続し、他の供給源からのガスにアクセスすることです...ノルウェーのガス、"計画パイプラインの2人の所有者の1人であるBaltic Connector OyのCEO、Herkko Plitロイター。

Balticconnectorは、2021年12月までに完了する予定であるGIPLと呼ばれるポーランドとリトアニアの間のパイプラインを通じたパイプガスの輸入を可能にし、デンマーク経由でポーランドとノルウェーを結ぶ予定のバルトパイプに接続できる。

2018年末までにパートナー、ポーランドおよびデンマークの送電システムオペレーターGaz-SystemとEnerginetによって、21億ユーロ(23億7000万ドル)の見積もり値を持つプロジェクトであるBaltic Pipeの投資決定が予定されています。

Plitはワルシャワから電話で話していました。そこではBaltic Pipeのパートナーに会いBaltic Connectorについての情報を提供していました。

フィンランドと東ヨーロッパ諸国は近年、10年ほど前にウクライナと同様の騒ぎを起こした後、モスクワが政治的影響力のためにガス独占権を使用できるかどうかの懸念を背景に、ロシアのガスへの依存を減らそうとしている。

フィンランドはロシアからのガスをすべて輸入しており、総エネルギー需要の5%を占めている。

Balticconnectorの商業運転は2020年1月1日に始まる予定です。フィンランドの天然ガス送電システム事業者であるBaltic Connector OyとエストニアのElering ASと共同所有しています。


($ 1 = 0.8843ユーロ)

(Terje SolsvikとAdrian Croftによる編集)

カテゴリー: LNG