プーチン大統領:石油価格とトランプについて議論した

15 11月 2018
ファイル写真:2018年7月のドナルド・トランプとウラジミール・プーチン(シーラ・クレイグヘッドによる公式ホワイトハウス写真)
ファイル写真:2018年7月のドナルド・トランプとウラジミール・プーチン(シーラ・クレイグヘッドによる公式ホワイトハウス写真)

ウラジミールプーチン大統領は、第1次世界大戦末期の記念日に両国人がパリにいた時、ドナルド・トランプ大統領と世界石油市場について話し合ったと発表した。

プーチン大統領は、シンガポールで開催された地域会議の席上で記者団に語ったところによると、バレル当たり約70ドルの原油価格はロシアに適しており、モスクワは世界の原油生産レベルについて引き続きOPECと協力すると述べた。


(クリスチャン・ロウによるウラジミール・ソルダトキン・ライティングによる報告)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス