ヘスは返品に焦点を当て、今シェールを傷つけるだろう長期的

アーネスト・シェイダー11 7月 2018
ジョン・ヘス(写真:ヘス・コーポレーション)
ジョン・ヘス(写真:ヘス・コーポレーション)

投資家は株主の利益にもっと注意を集中し、産出量を減らすために石油生産者に圧力をかけることが、長期的には重要な産業投資を押し下げるだろう、と主張した。

株主は、生産に多額の投資をして米国がサウジアラビアを追い越してロシアに次ぐ世界第2位の石油生産国になるのを助けた米国のシェール企業からより多くの配当と買い戻しを求めている。

ヘスの最高経営責任者(CEO)であるヘスは、OPECでスピーチを行い、「昨年の投資家の感情は大きく変わった。私は、ドリル、ベイビー、ドリル、ウィーンの国際セミナー

2014年以来利益を上げていない彼の会社は、5年間で2回、活動家の投資家の標的にされている。

ヘッセ氏は、「この財務規律は健全だが、長期投資の中断のように振る舞うと思う」と語った。ヘス氏は、北ダコタのバケンシェールガイアナのオフショア石油プロジェクトに多額の支出を行っています。

ヘッジファンドElliott Management Corpは12月、最高経営責任者(CEO)に対して、同社の「継続的な業績不振」に不満を募らせ、CEOとして解任するという考えを浮き彫りにしたキャンペーンを開始した。

ヘス氏は、株価を引き上げるために15億ドルの自己株式を買い取ることに同意し、春に株主総会前にElliottとの対決を避けた。同社の株式は、移動前のレベルで33%上昇した。

ヘス氏は、投資家からのメッセージは次のように述べています。「資本効率の良い成長を望んでいます。あなたは自由なキャッシュフローを生み出すことが望ましく、また資本を私たちに還元してほしい」

米国のシェールは、世界的な石油生産の約5%を占めており、ヘスは平準化する前に2025年までに10%に上昇すると予想していると述べた。

ヘス氏は、「米国では、世界的なシェールの執着があり、米国では非合理的な盛り上がりが見られ、他の国ではそれが不合理な恐怖である」と述べた。

「シェールの世界への展望はあまり見えません。

ニューヨークに本拠を置くヘスは、OPEC加盟国では活動していないが、依然としてウィーンで石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC加盟国が会合してアウトプット・レベルについて議論している石油セミナーを後援している。

ヘスは、OPECと米国の生産者の間の仲介者であり、アラビア語とペルシア語を話している。彼はスピーチの中で、OPECのモハマド・バークインド事務総長に、「米国に対する共通の理解を得るための勇敢な援助」について感謝した。

(Ernest Scheyder編集:Edmund Blair編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス