ヘッジファンドは石油市場のコースへの修正を強制する

ジョンケンプ12 11月 2018
©namning / Adob​​e Stock
©namning / Adob​​e Stock

ヘッジファンドは、需要の減速懸念が早期にイランに対する制裁の懸念に取って代わったことから、過去6週間で約50億バレルの原油と精製品を売却した。

ヘッジファンドやその他のマネー・マネジャーは、6大石油先物オプション取引の純資産合計を11月6日までに1億800万バレル減少させた。

ポートフォリオ・マネジャーは、9月末から4億7,900万バレルの原油と製品を販売しており、少なくとも2013年以降の6週間のうち最大の減少であり、これはおそらくこれに匹敵する期間内で最大のものです。

ファンドは現在、ショート・ベアシーン・ショート・ファンドのすべてにおいて、4月よりも4ヶ月弱のロングポジションを保有しており、9月末の12:1を上回り、2017年8月以来の最低金利となっている。

以前の強気なヘッジファンドは、2017年後半から2018年にかけて蓄積されたポジションを清算するため、調整の大半は市場の長年のものであった。

強気のロングポジションは、6週間前の11億9500万バレルからわずか849百万バレルに減少し、年初には16億2500万バレルとなった。

規制当局と取引所が発表したポジションデータの分析によれば、2016年9月以来の低水準となった。

しかし、ファンドマネジャーの中には、6週間前の9億6000万バレルから2億2,800万バレルに減少したものの、弱気で弱気に転じ始めている者もいる。

ファンドによる大量売りは、10月3日以来、原油価格をバレル当たり15ドル(17%)以上押し下げる助けとなった。

また、ほとんどのヘッジファンドのポジションは満期に近い契約で保有されているため、先物取引のフロントエンドでの売り上げが不均衡な影響を受け、原油先物価格が大幅に上昇した。

コース修正
ポートフォリオ管理者は、石油市場が現在の循環ピークを過ぎたという兆候のなかで、弱気のニュース流通に反応してきた。

生産の伸びは加速していますが、消費の伸びは減速しています.2014年中頃と2008年半ばの巡回ピークを思い起こさせる状況です。

OPECメンバーとその同盟国は、ホワイトハウスからの政治的圧力に一部対応して、生産を増強している。

米国のシェール生産者は、記録的に最も速い速度で自社生産を伸ばしており、8月から12月には1日当たり200万バレル以上の生産量を上げています。

また、米国は、制裁の再始動にもかかわらず、イランの最も重要な顧客の一部が引き続き石油を購入できるようにするための免除を出している。

同時に、石油トレーダーは、世界経済の減速、あるいは景気後退が来年の石油需要に突き当たる可能性についてますます心配している。

また、2016年と2017年の急速な利下ぶりから消費の伸びが鈍化する中で、燃料価格の高騰や消費者の行動変化への関心が高まっているという兆候があります。

市場が供給過剰になると、原油価格は生産高を抑制し、消費を増やし、2019年の過剰在庫の大幅な増加を防ぐために、最近の高値から下落する必要があった。

OPECとその同盟国は1日当たり100万バレルの減産について議論を開始し、価格の下落はすでにバランスのとれたプロセスの再開を開始している。

一部のオブザーバーは、市場の解説が、より多くの石油の必要性から過剰供給に対する懸念へとどのくらい早く移行したのかについて驚きを表明したが、シフトのスピードは珍しいことではない。

2008年と2014年に市場の解説は、ピーク時には供給不足の懸念から3〜4カ月以内に過剰供給にシフトし、今回も同様のことが起こっているようです。


(John Kempはロイターのマーケットアナリストです。

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス