ベーカー・ヒューズ、石油市場の成長を予測

30 10月 2018
©Lukasz Z / Adob​​e Stock
©Lukasz Z / Adob​​e Stock

ジェネラル・エレクトリック・カンパニーの油田サービス部門であるBaker Hughes氏は、第3四半期の利益見通しには程遠く、2019年の北米およびその他の市場の上昇は同業者のシグナルに反していると予測した。

この結果は、四半期の利益予想をわずかに上回り、進行中の四半期の北米の成長を遅くすると警告した、より大きなライバルのSchlumbergerとHalliburton Coのものに続く。

世界の原油価格高騰の恩恵を受ける企業が生産を増強したことにより、将来の生産量の早期指標である米国のリグ計数は1年前から増加しました。

しかし、石油サービス会社は、米国の生産者が支出を削減し、ウェストテキサス州とニューメキシコ州のペルミアン盆地の輸送ボトルネックが地域原油の価格を引き下げたため、サービスの需要が軟化すると見ている。

Baker Hughes氏は、売上高の半分以上を占める油田サービスの収益は前年同期比12.5%増の約30億ドルに達したと発表した。

深海掘削を含む油田機器事業の収益は、3%増の6億1,300万ドルでした。

"オフショア市場は長年にわたり最強であり、入札や注文の改善活動は2019年以降に向けて奨励されています。"と同社のロレンソ・シモネリ最高経営責任者(CEO)は述べています。

同社は、調整後の純利益を7800万ドル(1株当たり19セント)と報告したが、前年同期の調整済み損失700万ドル(1株当たり2セント)と比較して9月30日に終了した。

1回限りのものを除いて、同社は1株当たり19セントを稼ぎ、アナリストの平均見積もりは1株当たり20セントだったという。

総収入は、53億ドルから53億ドルに増加しました。


(ジョン・ベニーによる報告;スリラ・カルヴィラによる編集)

カテゴリー: シェールオイル&ガス, ファイナンス, 技術, 技術, 深層水