ペトロナス、Renewable Pushのチームを設立

27 11月 2018
©bphoto / Adob​​e Stock
©bphoto / Adob​​e Stock

マレーシアの国有石油ガス会社Petroliam Nasional Berhad(ペトロナス)は、同グループ内で新たな事業を立ち上げ、再生可能エネルギーへの進出を図っているという。

ペトロナスは昨年、低原油価格の中で再生可能エネルギーへの多角化に関心を示している。 3月には、最高経営責任者(CEO)のワン・ズルキフリー・ワン・アリン(Wan Zulkiflee Wan Ariffin)氏は、ペトロナスは新エネルギーを含む新しい事業領域を探求し、同社は太陽光発電の機会を評価すると述べた。

Jay Mariyappanは業界フォーラムで、「新エネルギー」チームが再生可能エネルギー分野のオプションを検討する初期段階にあると語った。

MariyappanのLinkedInプロフィールは、彼が10月にPetronasでスタートしたことを示しています。マレーシア企業に入社する前は、シンガポールのクリーンエネルギー開発者であるSindicatum Sustainable Resourcesのマネージングディレクターを務めました。

ペトロナスは、再生可能エネルギーの分野を調査する最新の石油・ガスメジャーです。ロイヤル・ダッチ・シェル、BP、トータルなどのトップ石油会社は、太陽光や風力、電気自動車などのよりクリーンなエネルギー源に投資しています。

ペトロナスはマレーシアの石油・ガス埋蔵量の唯一の管理者であり、政府の収益に大きく貢献しています。

今月初め、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)は、東南アジアは再生可能エネルギーのホットスポットであるが、投資を促す政策枠組みがないため、この地域は期待に応えられていないと語った。

水力発電を除く世界の再生可能エネルギーは、IRENAのデータによると、2000年の10万メガワット(MW)から2017年には100万MW以上に急増している。

最近ではもっと努力がされているが、そのうちのほんの一部だけが東南アジアに来ている。

東南アジア諸国連合(ASEAN)は、2025年までに再生可能エネルギーの主要エネルギー需要の23%を現在10%を上回る水準にまで上げる計画である。


(Manolo Serapio Jr.によるA. Ananthalakshmi編集による報告)

カテゴリー: エネルギー, 再生可能エネルギー, 風力