ペトロナス第3四半期利益利益43%

A. Ananthalakshmi27 11月 2018
©wanfahmy / Adob​​e Stock
©wanfahmy / Adob​​e Stock

マレーシアの国有エネルギー会社Petroliam Nasional Berhad(ペトロナス)は、第3・四半期の純利益が増収と原油価格の高騰を受け、政府への配当を増額すると発表した。

マハティール・モハマドが率いる新政権は、ペソナス(政府収入の最大の貢献者であり、最大の雇用主である)に、消費税を廃止する政府の計画からの収入不足を相殺することにもっと頼っている。

石油価格の高値化と安定化は、液化天然ガスの販売が最近供給不安に襲われてもペトロナス社の利益と配当を増やすのに役立った。

7月から9月の利益は、前年同期の100億リンギから143億リンギ(34億3000万ドル)に増加した。収入は19%増の639億リンギ。

同社は声明のなかで、「当グループは、当グループの業績が前年度と比較して改善を見込むと予想している。

同社は先月、マレーシア政府に対し、同社の唯一の株主である20億リンギットの特別配当金を、今年も約束している240億リンギットに加えて承認したと発表した。

今月初めに発表された2019年度の予算案では、政府は来年ペトロナスから300億リンギの配当を240億ドルの定期配当に加えて実施すると発表した。

ペトロナスはマレーシアの石油・ガス埋蔵量の唯一の管理者であり、カタールとオーストラリアに次ぐ世界第3位のLNG輸出国です。

同社は、生産量が2017年の同期間の1日あたり2.296ミリボーから、9月の1日当たり2.313万バレルの石油換算(mmboe)となったと発表した。

しかし、LNGの販売量は前年同期から112万トン減少し、2,709万トンとなりました。

ペトロナス氏は先週、ロイターに対し、1月のサバ州サラワクガスパイプラインからの漏れが、サバ州東部のケババンガンガス田の生産に影響を与えたと語った。

ガス田は2019年8月までに全面的に復旧する予定です。


($ 1 = 4.1910リンギット)

(Manolo Serapio Jr.によるA. Ananthalakshmi編集による報告)

カテゴリー: LNG, エネルギー, オフショアエネルギー, ファイナンス