ペトロブラス、独自のプラットフォームを再開する

27 9月 2018
(写真:ペトロブラス)
(写真:ペトロブラス)

ブラジルのPetroleo Brasileiro SAは、来月の大統領選挙で誰が勝ったのかに関わらず、2023年から再び独自の石油基地を建設する予定だという。

ペトロブラスの2019年から2023年の事業計画には、財務改善のおかげでプラットホーム建設の再開が含まれるはずだというペトロブラスの生産と技術開発責任者、ヒューゴ・レプソルド氏は述べた。

レプソルド氏は、リオデジャネイロでの石油イベントの傍らに、ロイター通信に対し、「大統領とは独立したプラットフォームを構築する」と述べた。

「貧しい人たちのためにプラットフォームを構築していたわけではありません。あなたが貧しい人はタクシーを、Uberは乗っていますが、車を買ってはいけない」ペトロブラスは財政的に健康的になり、 2022年までに必要とされているすべてのプラットフォームが既に契約されていると付け加えた。

この動きは、SBMオフショアやBWオフショアのような企業からのリースプラットフォームの世界で最も負債が多い石油会社による最近の実践からの出発点になるだろう。

Repsoldのコメントは、Petrobrasの民営化から既に民間企業に配布されている石油地域の撤去に至るまで、あらゆるものを浮かべている世代の中で最も予測不能な選挙の数週間前に来た。


(Alexandra AlperとMarta Nogueiraによる編集:Keith Weirによる編集)

カテゴリー: オフショア, オフショアエネルギー, 政府の更新, 政府の更新