ポーランド、オフショアの風力と原子力を必要とする、公式発表

15 5月 2018
©vivoo / Adob​​e Stock
©vivoo / Adob​​e Stock

ポーランドのナイトスキー氏は、ポーランドがバルト海の風力発電施設に投資し、原子力発電所で電力やガスのインフラストラクチャーを担当する政府当局者に投資する必要があると述べた。

ポーランドは石炭から大部分の電力を生産し、欧州連合(EU)の排出削減要件に準拠するよりクリーンで安価な技術を検討し始めています。

エネルギー省はポーランド初の原子力発電所の建設を検討中だが、すでに遅延しているプロジェクトについては政府の承認が必要だ。これまでにブロックした風力発電への投資を可能にする法律も提案しています。

Piotr Naimski氏は、欧州経済会議(European Economic Congress)の席上で、「我々は両方とも必要である。海洋風の農場は2020年代半ばに建設されるだろう...核と同じように必要とする。

彼は、原子力発電は、オフショア風力発電所からの可変電力生産のためのバックアップになる可能性があると記者団に語った。

また、ガスインフラを監督するナイスキー氏は、ポーランド企業は米国の液化天然ガス(LNG)ターミナルに投資できると述べた。現在、ロシアからのガスの大部分を輸入しているポーランドは、すでに米国のLNGの出荷を受けている。

同氏は、このような投資を行うことについての協議は「異なるレベル」で行われていると述べたが、詳細は述べなかった。

11月、ポーランドのガス会社PGNiGは、ガス供給を多様化するポーランドの取り組みの一環として、米国からのLNG供給のための最初の中期契約に調印した。


(Wojciech Zurawskiによる報告、Agnieszka Barteczkoによる著書、Edmund Blairによる編集)

カテゴリー: オフショアエネルギー, 再生可能エネルギー, 風力