マーフィーオイル、マレーシアの資産を売却

著Shradha SinghおよびNivedita Bhattacharjee著21 3月 2019
(写真:TechnipFMC)
(写真:TechnipFMC)

Murphy Oil Corpは木曜日に、マレーシアを去り、その石油とガスの資産を21億3000万ドルでタイの会社に売却し、その買収を使って借金を返済し、米国で株式を買い戻し、潜在的な取引に資金を供給する。

2020年10月以前に特定の探査プロジェクトが結果を示した場合、バイヤーであるPTT Exploration and Production Public Co Ltdもマーフィーに最大1億ドルのボーナスを支払うと発表した。

この契約は、米国の石油生産が週に1,200万バレルと過去最高を記録した後、他の米国の石油メジャーが自宅での高収量シェール油田への投資と努力を集中させる動きを追ったものです。

2月には、ヒューストンに本拠を置くMarathon Oil Corpが、英国の北海油田を撤退すると発表し、代わりに米国に焦点を当てることにしました。

カナダ、ブラジル、その他の地域でも事業を展開しているマーフィー氏は、将来の探査と生産のために、西半球 - 主にテキサス州のイーグルフォード盆地と米国メキシコ湾 - に焦点を当てると述べた。

最高経営責任者(CEO)のロジャー・ジェンキンス氏はアナリストとの電話で、「我々は、55ドルのウェストテキサス中間価格で、およそ12億ドルのフリーキャッシュフロー(FCF)を生み出すと予想している」と述べた。

軽質原油先物は木曜日の朝に1バレル当たり約60ドルで取引されていた。

Goldman Sachsのアナリストは、特にオフショアプロジェクトには費用がかかるため、同社のキャッシュフロー目標を達成することが重要であると述べました。

アナリストのブライアン・シンガー氏は、「FCFに対する同社の見通しは、我々の予想よりも大きい」と述べたが、彼の予想が何であるかは明らかにしなかった。

マーフィーは2018年に816百万バレルの石油等価物(Mmboe)の埋蔵量を証明し、そのうち129 Mmboeはマレーシアからのものであった。これらの資産は、マーフィーにとって1日当たり48,000バレルを超える石油を生産しました。

同社はまた、5億ドルの自社株買いおよび約7億5000万ドルの債務削減を発表しました。 2018年12月現在、同社の債務は約30億ドルでした。

契約は第2四半期末までに完了する予定です。

バンクオブアメリカメリルリンチはマーフィーとチューダーの顧問を務め、ピカリング、ホルト&カンパニーはその財務アドバイザーでした。 Jefferies Group LLCはPTTEPの財務アドバイザーでした。

マーフィー株は、原油価格がわずかに下落する中、30.73ドルで横ばいで取引されていました。


(バンガロールのNivedita BhattacharjeeとShradha Singhによる報告; Arun Koyyurによる編集)

カテゴリー: 深層水