ヨーロッパの電力:風力が上昇するとスポット価格が下がる

17 10月 2018
©Christian Schwier / Adob​​e Stock
©Christian Schwier / Adob​​e Stock

欧州の迅速な電力価格は、水力発電の供給が増加すると、火力発電所の一部の損失を上回る可能性が高まるため、水曜日は高水準からさらに下落した。

木曜日の配達のドイツのベースロード電力は12.3%減の62.3ユーロ(72.03ドル)/ MWh(MWh)だった。月曜日の前日の価格は、高い需要と緊密な原子力供給に支えられて11ヶ月ぶりの高水準だった。

ドイツの風力発電は、火曜日に2.5GWから木曜日に6.9ギガワット(GW)に上昇する予定で、次の2週間には17.3GWに達すると、Refinitiv Eikonのデータが示す。ドイツの太陽光発電は4GW以下になります。

トレーダーらによると、降水量と夏の熱波の影響で、川の水位は依然として低く、石炭工場への一部のバージ船輸送や原子力発電所への冷却水供給が妨げられている。

フランスの先行契約は12.4%減の65.25ユーロとなり、1週間の低水準となった。

フランスの原子力の可用性は2%ポイント上昇し、最大合計の74.2%となった。

需要側では、ドイツの電力使用量は木曜日までに300MWを上回ると予測されているが、水曜日の水準と比較して来週平均で1.1GWとなる。

フランスの需要は概ね安定しているが、フランスの平均気温が水曜日の16.2度から摂氏6度まで低下する可能性がある来週の平均で2.9GWを獲得する。

フォワードカーブの電力契約は、石炭と炭素価格とともに低下した。

欧州のベンチマークであるドイツのCal'19ベースロードパワーは0.8%低下し、52ユーロ/ MWhとなった。

フランスの2019年のベースロードは0.1%低下し、56.7ユーロとなった。

欧州の2018年12月の満了時の二酸化炭素排出量は、電力生産者がその生産量をカバーするために保持しなければならない3%減の18.72ユーロとなりました。

もう1つの大きな世代コストである2019年の欧州配送API2石炭は、1トン当たり96ドルで0.5%減少した。

Broker Marex Spectronは、大西洋での供給はより厳しいが、これは太平洋での供給量の増加よりも重要であるという調査ノートで述べている。消費者の国の株式には更なる積み上げがあり、今のところマクロ経済はやや強気だったという。

東ヨーロッパでは、チェコの同日午前の契約は、同国の対応を追跡すると、11.9%減の63ユーロとなった。 1年前のポジションは最低で5セント上昇して55.2ユーロに達した。


($ 1 = 0.8649ユーロ)

(Vera Eckertによる報告; Jan Harveyによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス, 再生可能エネルギー, 風力