ワハ原産のリビアのNOC源泉徴収累計シェア

Ahmad GhaddarとRon Bousso3 5月 2018

リビアのナショナル・オイル・コーポレーション(NOC)は、2ヶ月前にフランスの石油大手がマラソンの利権を買収したことを契機に、ワハの譲歩による原油のトータルシェアを保留している。

トータルでは3月にマラソンオイルの16.33%の株式を4億5000万ドルで買収したが、リビアではこの批判が批判を浴びており、NOCは現在いずれかの方法で介入するかどうかを検討中である。

すでにマラソンに株式を払っているトータルは、リビア当局に事前に通知し、当時は異議を提起していないと報じた。

しかし、総CEOのパトリック・ポイヤン氏は、両社とも取引を取り巻くいくつかの財政問題について協議中であると述べた。

2つのリビアの石油供給元と、この問題に関する知識を持った業界関係者によると、トータルは匿名の状態で話しているが、これまでのところ、ワハからの原油貨物のシェアは受けていない。

また、貨物の合計も補填されていないと、関係筋の1人は述べた。

合計はコメントすることを拒否しました。 NOCはすぐにはコメントできませんでした。

ワワの輸出に使用されている港であるEsサイダーの積み込み計画によると、5月に予定されている60万バレルまたは100万バレルの貨物のうち、NOCには10カ所があります。 Wachの株式16.33%を保有するConocoPhillipsは2つの貨物を保有しており、Hessは8.16%の株式を保有しており、2つの貨物を保有している。

コンセッションのパートナーの貨物は月ごとに異なり、NOCの特別部門が問題を決めると、リビアの石油会社の1人が言った。

1月には、現在の価格で8,800万ドル以上に相当する2本の60万バレルの貨物がマラソンに割り当てられました。

しかし、今年の初めから、マラソンの貨物はNOC経由で石油トレーダーVitolに売却された、リビアの石油供給元と取引業者は言った。ビトールの取引は少なくとも8月まで続きます、リビアの情報筋によると、

マハソンからトータルへのワハ譲歩の手の変更がビトールの契約に影響するかどうかは明らかではない。

ビトールはコメントすることを拒否した。


(ロンドンのチュニスとジュリア・ペインのエイダン・ルイスによる追加報告;マーク・ポッターによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス, 契約, 政府の更新, 政府の更新