上昇する原油価格は「需要の失敗」をアジェンダに戻す

投稿者Joseph Keefe2 5月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©ギアSTD)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©ギアSTD)

過去2年間の原油価格の上昇は、生産者、トレーダー、アナリストが消費者の対応方法を見積もるために、需要の破棄という問題を議題に戻した。
需要の破壊は、価格循環のこの段階で常に議論の対象となり、現在の議論は2005年〜2008年と2011年〜2014年の高値と上昇の過去のエピソードと似ています。
ブレント原油価格は、2016年初頭の低水準からバレル当たり47ドル(170%)上昇し、現在バレル当たり75ドル近くで取引されている。
同期間、加重平均米国ガソリンポンプ価格は、ガロンあたり約$ 1.13(61%)上昇し、現在はガロンあたり$ 3以下の数セントです。
原油価格とガソリン価格は、原油価格が2014年6月末に下落し始める直前に、バレル当たり$ 115とガロン当たり$ 3.80の水準を維持しています。
しかし、原油と燃料はもはや特に安くはなく、ほとんどのトレーダーと石油輸出国は、来年よりさらに価格が上昇すると予想している。
実質的に、原油価格は、1998年後半から2016年初めの最終サイクル全体の平均水準に近い。
価格サイクルが成熟し、価格が次のピークに向かうにつれて、消費者の反応に重点が置かれています。
ドナルド・トランプ米国大統領は、消費国の政治的敏感の早期兆候として、4月20日のTwitterアカウントのメッセージを通じて原油価格の上昇をOPECに批判した。
"石油価格は人工的に非常に高いです!いいえ、受け入れられません "と、大統領は慣習的な直接性で書いた。
対照的に、OPEC関係者は、これまでの価格上昇の結果、石油消費に悪影響を及ぼすことはないと示している。
"私は現在の価格で需要に影響を見ていない。サウジアラビアの石油相は、ジッダで記者団に語った。過去の価格は過去2倍だった。
「エネルギーの投入量が減少し、生産性が高まると、高価格を吸収する能力があると思う」と、4月20日に述べた。
価格の低下?
サイクルのこの部分は、通常、価格上昇が石油需要を破壊し始める閾値を推測するゲームによって特徴づけられる。
最近の数週間、一部のアナリストは、物価がバレル当たり80ドルを上回った場合と、100ドルのように高い水準になると、需要の破壊が始まることを示唆している。
他の人たちは、同じ考えを、1ガロン当たり3ドル、あるいは4ドルを示唆することによって表現することは、米国の自動車運転者にとって心理的に重要な限界である。
しかし、特定の価格閾値を特定することは、おそらく、価格と消費の問題について考えるための間違った方法です。
実際には、需要刺激から需要破壊に至るまで、価格に対する消費者の反応が継続しています。
価格が下がり、そこに留まることが予想されるほど、消費量が増える傾向があります。
価格が高騰すると、それが長く続くと予測されるほど、消費量が増える傾向にあります。
価格への消費の反応は連続的であるが、非常に非線形である。
消費者がゆっくりと行動を調整し、新しい機器を購入するにつれて、反応が現実化するまでに時間がかかり、報告遅延のため公式の消費統計に表示するのにさらに時間がかかります。
複雑さに加えて、石油消費は経済成長と所得を含む他の要因にも反応する。自動車所有権と車両艦隊の成長;平均マイル数は1ガロンあたりの平均マイル数です。
これらの要因の一部は、石油価格に多かれ少なかれ、異なるタイムスケールで関連しているため、分析がさらに複雑になります。
たとえば、新車を購入したときの原油価格は、燃費に関する選択に影響を与えます。
その結果、石油需要の価格弾力性を推測することは明らかに困難であり、経済学者は様々な推定値を生成している。
しかし、結論は、石油消費は価格の変化に対応しており、その対応は特定の基準に適合していないということです。
需要の制限
少なくともOECDの高所得国では、OECD外の低・中所得国ではあまり明確ではないが、価格と石油消費量との関係は世界統計で明らかである。
非OECD諸国の石油消費は、1993年を除いて1970年以降毎年増加している。(https://tmsnrt.rs/2I6tESb)
これらの国々では、急速な経済成長、家計所得の増加、および所有権の増加により消費の増加がもたらされており、これは価格効果を支配している。
これとは対照的に、OECDでは、所得の伸びと車両保有率はより緩やかであり、消費に対する価格の影響は容易に明らかである。
OECDの石油消費は、1973-74年、1980-83年、2006-2009年、2011-2012年および2014年に、すべての期間が実質実質原油価格に関連して低下した。
逆に、OECDの消費は、実質価格が比較的低い1970年から1973年、1986年から1999年にかけて急速に上昇した。
1970年代から1980年代にかけての暖房や発電からの石油の排除、オイルショックと景気後退の複雑な相互作用など、いくつかのニュアンスがあります。
しかし、OECDの価格と消費の基本的な関係は明らかである。
原油価格は、OECD以外の消費が増加し続けているため、世界全体の需要を減少させるのに十分なほど高くはない。
しかし、高値はOECD消費への影響を通じて需要の伸びを鈍化させる傾向がある。
同じ基本的な関係は、ガソリン価格、交通量、ガソリン消費量の間で、時折の景気後退の影響を受けます。
ガソリン価格の下落は、2015年から2016年にかけて米国のガソリン消費の伸びが前年度に比べて著しく加速したことに寄与しています。
しかし、ガソリン消費量は2017年には横這いで、米国エネルギー情報局(EIA、2018年4月の短期エネルギー見通し)によれば、2018年には1日当たりわずか3万バレル増加すると見込まれている。
バックミラー
2016年の開始以来の原油価格の高騰は、おそらく価格がバレル当たり30ドルにとどまっていたベースラインと比較して、消費の伸びを抑制し始めた。
これまでのところ、価格の上昇による需要の抑制は、特に石油使用のシェアの上昇を説明する中所得国では、世界的に同期した成長によって相殺された。
しかし、価格が引き続き上昇すれば、消費の伸びがはるかに顕著に減速し始めるだろう。
残念なことに、経験は、既に進行中の後にのみ明らかになるだろうと示唆しています。
また、システムの長期的な遅れを考慮すると、価格が上昇しなくても消費の伸びは減速し続けるだろう。
2011年から2014年にかけて、原油価格がバレル当たり100ドルを超えたとき、OECDにおける消費量の減少と非OECDにおける消費増加の減速は、最後の油濁のための条件を作り出した。

原油価格が上昇し続けると、ほとんどのヘッジファンド・マネージャーと石油輸出国が期待しているように、同じシナリオが2019年から2021年の間に再び発生する可能性がある。

ジョンケンプ

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, タンカーの動向, ファイナンス, ロジスティクス, 契約