世界の石油供給はイランの輸出を削減するには堅牢だ - 不満メモ

14 5月 2018
©nd700 / Adob​​e Stock
©nd700 / Adob​​e Stock

世界的な石油供給は、イランからの石油輸出の「大幅な削減」に耐えられるほど十分であると、トルンプ政府がOPEC加盟国に対する制裁を再設定する準備を進めていることを受けてホワイトハウスのメモによると、

ホワイトハウスが米国国務省に送ったこのメモは、イランとテヘランの核計画を抑制する6つの世界大国間の2015年の合意から抜け出すワシントンの決定後、イランの石油輸出を抑制する米国の努力の道を切り開いている。

イラン以外の国からの石油製品や石油製品の供給は、外国の金融機関がイランから購入した石油製品や石油製品を大幅に削減するのに十分な供給量がある」と述べた。

ドナルド・トランプ米大統領が先週、ワシントンがイランに対する制裁を再検討すると発表した後、ロンドンで取引された石油価格は、1バレル当たり78ドルを超えて数年ぶり高値に上昇した。

制裁は、世界中の企業や国にイスラム共和国からの石油輸入を減らさせることを目的としている。

トランプ政権は輸入者がどのくらいの石油削減を期待しているのかを明確にしていないが、2012年にバラク・オバマ大統領の政権は輸入を約18%から20%

イランの石油輸出に対する制裁措置は、11月4日以降に施行される予定で、企業は購入を撤廃することができる。

2011年に制定された制裁法の下、エネルギー省の独立統計局である米国エネルギー情報局(US Energy Information Administration)は、2か月ごとにイラン以外の国々における世界的な石油生産に関する報告書を議会に提出しなければならない。

当局の短期エネルギー見通しに含まれている最新のEIA調査によると、イラン以外の石油の世界生産は、2月から3月にかけて平均9240万バレルであったのに対して、2015年から2017年には91.0百万バレルとなった。しかし、平均では9615万バレル/バレル(bpd)であったのに対し、2015年から2017バレルにかけては93万バレル/バレルとなった。


(Timothy Gardnerによる報告; Richard Valdmanisによる著書; Richard Changによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, タンカーの動向, ファイナンス, 政府の更新, 政府の更新, 法的