中国が原油輸入割当量を増やす

フローレンス・タンとシュ・チャン22 10月 2019
©Igor Groshev / Adobe Stock
©Igor Groshev / Adobe Stock

ロイターが火曜日に発表した文書によれば、中国は今年、主に民間精製業者がさらに1290万トンを持ち込むことができるように、原油の輸入割当を引き上げました。

3番目の割り当ては、350万トンの民間精製会社であるZ江石油化学工業(ZPC)を含む19社に割り当てられました。

Huatai Futures Coによると、これに先立って中国は1億5,310万トンの原油輸入割当量を発行しており、今年のこれまでの総輸入量は1億6600万トンになった、とロイターの計算が示した。

Huatai Futures Co.の石油研究部長であるXiang Pan氏は次のように述べています。

「輸入割当量の新たな増加は、主に新しく立ち上げられたメガリファイナリー向けです。」

民間のHengli Petrochemical Ltdは5月下旬に1日あたり400,000バレル(bpd)の製油所をフルレートに引き上げましたが、ZPCは今後数か月で2番目に200,000 bpdの原油蒸留ユニット(CDU)をオンラインにすることを目指しています。

中国は、2019年の最初の9カ月間に3億6,900万トンの原油を輸入し、昨年同期と比較して10%近く増加したと、税関データは、新しい製油所の立ち上げと国内の強い燃料需要により後押しされました。

「ティーポット」として知られる独立した石油加工業者に加えて、主に東部の山東省を本拠地とし、州政府が支援するSha西xi昌石油グループは、最新の割当量でさらに90万トンを許可されました。

これにより、今年の総配分は360万トンになりました。

中国商務省はコメントの要請に応じなかった。

「過去数年と同様に、原油の輸入割当量の一部は未使用のままになります。一部のティーポットは、信用問題があるか国内取引を好むため、割当量を終了できない場合があります」とHuatai's Panは述べた。

「今年の前半のマージンは、特にガソリンについては低かった。下半期にマージンは回復したが、市場は競争が激しく、精製石油製品が供給過剰であるため、前年よりも悪化している。」


(Florence Tan、Shu Zhang、Muyu Xuによる報告; Clarence Fernandez、Susan Fenton、Jan Harveyによる編集)