中国のガソリン輸出の利益利益率

投稿者Joseph Keefe24 4月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©Leeylutung)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©Leeylutung)

今年の中国の原油高騰は需要側の高騰の主因であるが、これに反して、中国の燃料輸出が急増しているため、地域の精製業者の利益率が低下している。
世界最大の原油輸入業者は、第1四半期に910万バレル(bpd)を、関税率のデータによると、2017年の同期間より7%増加した。
しかし、精製品の輸出は、3月にガソリンとディーゼルの出荷台数が過去最高の水準に達したことを受け、さらにマージンが増えた。
3月のガソリン輸出は170万トンで、昨年同月の約2倍になった。第1四半期の中国のガソリンは約312,000バレル/日、360万トン、2017年同期間に輸出された216,000バレル/バレルを43%上回った。
ディーゼルの輸出は3月の240万トンで約58万バレルに相当し、第1四半期の出荷量は約392,000バレルで、前年同期の約12%増でした。
すべての石油製品をまとめてみると、第1四半期の中国の輸出額は120万バレルで、昨年同期間に出荷された106万バレルで約20%増加した。
第1四半期に輸入された原油量は600,000バレル/日であり、約210,000バレル/日が追加の精製燃料として輸出された。
中国からの石油製品の供給量の上昇は、特に中国からの輸出が最大の伸びを見せているガソリンを中心とした地域価格の影響を受けているようである。
シンガポールのブレント原油(GL92-SIN-CRK)から92-RONガソリンを生産する際の利益マージンは、19日に20カ月ぶりの最低水準となり、1バレル= 5.42ドルとなった。
それ以来、月曜日現在では、1バレル当たり6.50ドルに回復しているが、昨年8月に達した16.34ドルのピーク時に比べて、まだ60%近く下がっている。
ディーゼルは、シンガポールの利益率が、ガソリンの1バレル(ディーゼルの添加前にディーゼルが追加されている月)で月曜日14.80ドルで終了した。
これは昨年末の1バレル当たり14.27ドルよりわずかに高く、今年3月初旬に達した今年の13.17ドルから上昇している。
中国輸出に使用される
今年のガソリンとディーゼル市場の違いは、中国のガソリン輸出が大幅に増加したが、ディーゼルはそれほど増加していないことである。
そして今、中国の精製業者に精製された燃料の輸出を促すほど、製品価格はまだ高い。
中国の精製業者が燃料を輸出する能力は、北京の当局によって、今年より小型の独立した精製業者に与えられたより高い原産地の輸入割当によって助けられた。
シンガポール、韓国、日本、インドなど、一部の中国工場が定期的にメンテナンスを開始しているため、地域の他の精製燃料輸出国にとっては一時的な救済策があるかもしれない。
これは、2017年11月の前年の1203万バレル高を上回る3月に1213万バレル/バレルを記録した中国の製油所での処理率を低下させるはずである。

しかし、中国が、精製業者がより多くの原油と輸出余剰製品を輸入することを可能にする準備が整っているように見えることから、中国がアジアの精製燃料の市場における主要プレーヤーとして浮上していることはますます明白になっている。

クライドラッセル

カテゴリー: エネルギー, タンカーの動向, ファイナンス, ポート, ロジスティクス, 契約, 燃料&ルブ