中国は期待以上の排出量を満たすことができた

投稿者Joseph Keefe23 5月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©SnapHappy)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©SnapHappy)

中国の排出量は2030年までにピークになる可能性がある。
シニア環境担当官は、閣僚再編にもかかわらず、炭素市場の計画が順調に進んでいると述べ、2030年頃に目標を達成するために、同国が2030年頃の目標を達成するために、
中国の2015年後半のパリ気候変動協定のチー・ゼンフア首相は、2015年までに炭素の強度を40%から45%削減するなど、2014年までに約束した目標をすでに達成していると述べた。
地球温暖化の温室効果ガスの世界最大のエミッターである中国は、米国のドナルド・トランプ大統領が合意に至らなかったことにもかかわらず、パリとの協定を再確認した。
謝は、地球気候ガバナンスと北京の中米気候関係に関するセミナーで、中国がすでに達成したことに基づいて、2030年の目標を事前に満たすことは可能であり、 2020年までに実際の炭素強度の低下がより大きくなる可能性がある。
11月に発表された中国の研究者による研究によると、中国は2023年までに排出量をピークにすることができるとしている。
中国の環境生態環境省(MEE)の気候部門の責任者であるLi Gaoは、3月に中国の省庁の再編にもかかわらず、同国の炭素市場の発展が遅れることはないと述べた。
再編は、環境保護省をMEEに置き換え、炭素排出権取引システムの管理と適応、国際交渉など、すべての気候問題に対して責任を負わせた。
気候の専門家は以前、国家発展改革委員会(NDRC)、国家計画者からMEEへの責任の移転が、開発の重要な時期に全国的な炭素市場の進展を混乱させる懸念を以前に表明した。
また、MEEが気候問題を進展させるためにNDRCの影響力を欠いていることも懸念しています。
XieとLiは以前はNDRCで働いていました。
中国は昨年12月、数ヶ月の遅れを経て、全米の炭素市場の第1段階を正式に開始した。現在は電力部門のみをカバーしていますが、後の段階で他のエミッタにも拡張されます。

Muyu Xuによる報告

カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス, 再生可能エネルギー, 政府の更新, 法的, 燃料&ルブ, 環境