亜熱帯嵐Alberto's Landfallは来週初めに予想される

投稿者Joseph Keefe25 5月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©mode_list)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©mode_list)

米メキシコ湾岸の生産者と精製業者は、来週初めに東ルイジアナ州とフロリダ州の吊り橋の間に上陸すると予想される亜熱帯の嵐アルベルトを監視している、と同社は金曜日に述べた。
全米気象局(NSC)は、この嵐が今週末に湾岸中央部と米国南東部に大雨をもたらし、来週早々に雨が降ると予測した。
同社のウェブサイトによると、湾岸のルイジアナ海岸から約20マイル南に位置するルイジアナ沖合油港(LOOP)は正常に稼動していた。最大の原油タンカーを降ろすことができる唯一の米国港はループです。
BP Plcのジェイソン・ライアン広報担当者は、アルベルト氏はメキシコ湾での同社の事業に影響を与えることはないと述べた。
Chevron Corpは、ミシシッピ州Pascagoula、1日34万バレルの人員が暴風雨を監視していたが、操業を変更していないと述べた。
ルイジアナのフィリップス66の247,000バレル/年の提携も、金曜日にこの嵐を監視していたと同社は述べている。
米国エネルギー情報局(EPA)によると、メキシコ湾は、米国原油生産量の17%、乾燥天然ガス生産量の5%を占めている。陸上の石油やガスの生産量が大きく増加したため、両方の数値が減少した。

全米の天然ガス処理能力の51%を占める米国の湾岸沿いには、米国の精製能力の45%以上が位置しています。

Erwin Sebaによる報告

カテゴリー: エネルギー, オフショア, オフショアエネルギー, ファイナンス, 海上安全, 海洋観測, 環境