供給削減の話で石油利益

Jessica Resnick-Ault著16 11月 2018

石油輸出国機構(OECD)と同盟国が来月に生産を削減することに同意するとの見通しで、石油価格はほぼ1%上昇した。しかし、価格は世界市場が過剰供給されているという懸念を週に1回落とした。

OPECのキングピンサウジアラビアは、主要生産国が1日に約140万バレル(世界の供給量の約1.5%)を生産することを熱望している。しかし、ロシアを含む他の生産者は、削減に同意するのを嫌っている。

ブレント原油先物相場は、EDT [1630 GMT]午前11時30分までに1バレル当たり60セント高の67.22ドルとなった。世界的なベンチマークは火曜日に8ヶ月ぶりの安値をつけて以来3日目の上昇を見込んでいたが、先週の終値では4%を下回った。

米国の軽質原油は44.9セント高の1バレル= 56.92ドルで、前回のセッション57.96ドルを上回った。この契約は、火曜日に3年以上で最も急な一日の損失を抱えていた。米原油は週に5.6%下落する見通しだ。

ニューヨークで開催されたみずほのエネルギー先物担当ディレクター、ボブ・ヤウガー氏は、「救援集会が行われた。 OPECは、米国の生産量が増加し続ける中、行動に拍車をかけられるだろう、と彼は語った。

トレーダーらによると、週末に入ることに慎重だから、1日の利益は限られる可能性が高い、と彼は言った。 「今週末に、私たちが過去8週間に行った虐殺を考えれば、本当に長く勇敢な魂が帰るだろう」

OPECの閣僚は、ウィーンで12月6日に会合し、世界市場での黒字拡大の中で今後6ヶ月間の生産政策を決定する。

先週の米国の原油生産量は、1日当たり1170万バレルと過去最高を記録した。記録的な成果は、ほぼ2年ぶりの米国の原油備蓄の中で最大の週刊ビルに寄与した。

将来の生産の指標、Baker Hughesの米国の掘削リグ計数データは、午後1時に支払う予定でした

米国は今月イランの原油輸出に制裁措置を発動し、イランの原油輸出はここ数カ月に急落したが、ワシントンは一時的な免除を与えて打撃を緩和した。

他の石油生産者は、失われたイランの石油を補った以上に多くのアナリストは、インベントリを構築し、価格に圧力をかけることで大幅な供給余剰を見ている。 2014年の価格引き上げの反復を恐れて、OPECはすぐに生産量を削減することが広く期待されている。

これは、迅速な価格の回復をもたらす可能性があると、一部のアナリストは、特に生産がさらにベネズエラとリビアに落ちると言います。

BNPパリバのコモディティ市場戦略の世界的リーダーであるハリー・ティチルウィリアン(Harry Tchilinguirian)はロイター・グローバル・オイル・フォーラムに対し、「12月以降、少なくとも100万バレル(bpd)(イラン)原油輸出を抑える可能性が高い」と述べた。

Trentは、ブレントが今年80ドルに回復すれば、驚くことはないと語った。

また、イラクは価格を支持し、イラクのキルクーク(Kirkuk)油田から輸出油を再開し、50,000〜100,000バレル/日を輸出すると、石油省の広報担当者は述べた。一部のアナリストは、その量が30万バレル/日に近づくとはるかに高いと予想していた。


(Henning Gloystein、Christopher Johnson、Shadia Nasrallaによる追加報告; Marguerita ChoyとDale Hudsonによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, 中東