供給懸念として72ドルを上回るオイルブレイク

投稿者Joseph Keefe18 4月 2018
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©scanrail)
ファイルイメージ(クレジット:AdobeStock /©scanrail)

ベネズエラは中東でも供給原油を供給しています。
原油価格は、米国原油在庫の減少と供給の混乱のリスクが報告されたことから持ち直した。
北朝鮮の原油先物は87セント高の1バレル= 72.45ドル(1143GMT)となり、米国の原油先物は95セント高の67.47ドルとなった。
コメルツ銀行の石油アナリスト、カルステンフリッチュ氏は、「昨日の夕方、APIレポートは米国の原油在庫が驚くほど減少し、予想以上に堅調だった石油製品在庫が減少した」と述べた。
米国原油在庫は、先週100万バレル減少して4億2,800万バレルとなったと、アメリカ石油協会(API)が発表した。
OPECの非OPEC諸国との供給交渉を監視する閣僚委員会は、ロシアを中心に、金曜日にサウジアラビアのジッダ市で会合する。
石油輸出国機構(OECD)とライバル10社は、2017年1月以来、1日当たり180万バレルの生産量を抑制し、今年末までに生産を抑制すると約束した。
「原油価格が1バレル70ドルを超えているにも関わらず、供給過剰が解消されているにもかかわらず、生産減を段階的に廃止することはアジェンダには及ばない」とフリッチュ氏は述べた。
石油は投資家の間の認識によって支持されており、中東の緊張が、危機に直面したベネズエラの産出減少やイランに対する米国の制裁改廃など、供給の混乱につながる可能性がある。
「石油価格は3年ぶりの高値を維持しており(4月初めには到達した)、在庫は通常水準に戻っており、ここ数年の供給過剰は終わっているようだ」とウィリアム・オロフリンオーストラリアのRivkin Securitiesの投資アナリストである。
オランダの銀行INGは、「市場における根本的な強気な動きに伴う地政学的リスクのため、4月にブレント島が70ドルを超えて上昇した」と顧客に伝えた。
ブレント原油先物相場は、1バレル= 66.50ドルから60.25ドルへと、2018年のWTI予想は$ 57.75から62.50ドルに引き上げられた。
しかし、INGは来年、米国の原油生産高が2016年半ばから四半期に跳ね上がったことにより価格低下を予想している。 <C-OUT-T-EIA>

米国の在庫レベルに関する公式の週間データは、水曜日のエネルギー情報管理局によって発表される予定です。

アマンダ・クーパー

カテゴリー: エネルギー, オフショアエネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス, ロジスティクス, 中東, 契約, 政府の更新