前例のない不確実性に直面する石油市場

Gwladys FoucheとNerijus Adomaitisによって20 11月 2018
Fatih Birol(写真:IEA)
Fatih Birol(写真:IEA)

国際石油機関(IEA)の首相は、石油市場は、地政学的不安定さと脆弱な世界経済のために、未曾有の不確実性を抱えていると指摘した。

石油輸出国機構(OECD)は、2014年に価格が下落したことに似た新たな生産オーバーハングについて懸念し、石油輸出国機構は1日当たり100万バレル〜140万バレルの供給削減を推進している。

米国は11月初めにイランの石油産業を対象とした制裁措置を取り戻し、夏場のピークから100万バレル近くの原油輸出を削減した。

ワシントンは、最終的にイランの原油販売を全面停止すると約束しているが、中国、インド、韓国、日本、イタリア、ギリシャ、台湾、トルコの8人の買い手は罰金を科さずに輸入を続けるとしている。

IEAのFatih Birol氏は、ノルウェーのエネルギー会社であるEquinorが主催する会議の傍観者会見で、「イランの制裁免除に関する米国の決定は、驚くべきことに市場の選手のうちのいくつかを奪取した。

「結果として、今日の市場は十分に供給されており、(原油)価格は20ドル下落している」と、Birol氏は語った。

しかし、世界経済は依然として非常に困難な時期を迎えており、非常に脆弱であり、世界に残された生産能力は非常に薄いため、危険な状況になっています。

北海ブレント原油は、10月には、主にイランの制裁による供給緊張の懸念から、1バレル当たり86ドルを突破した。しかし、免除の発表以来、価格は世界貿易の減速だけでなく、過剰供給に対する懸念から落ちた。ブレントは火曜日に1バレル当たり約66ドルを取った。

「われわれは石油市場における前例のない不確実性の時期に入っている」と同氏は同会議に語った。

Birolは、12月のOPECの政策会議で、主要生産者に「常識」を発揮するよう呼びかけた。

同副長官は、来年の原油価格が過熱するかどうかを問うと、3つの要因に依存すると述べた。

「世界経済の弱体化にもかかわらず、石油需要は依然として強く、予備の生産能力は非常に薄いため、12月のOPECの主要生産者の決定がどうなるかわからない」と述べた。


(Nerijus Adomaitisによる報告; Gwladys Fouche、Kirsten DonovanおよびDale Hudsonによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス