原油価格が2%上昇

ステファニー・ケリー15 11月 2019
©Pavel Ignatov / Adobe Stock
©Pavel Ignatov / Adobe Stock

米先物当局者からのコメントが米中貿易協定に対する楽観論を提起したため、原油先物は金曜日に2%近く上昇したが、原油供給量の増加は価格の上限を心配している。

ベンチマーク・ブレント原油は1.13ドル(1.8%)増加して1バレル当たり63.41ドルになり、西テキサス中級原油は93セント(1.6%)増加して1バレル57.70ドルになりました。

ブレントとWTIは、2週連続のゲインを記録する予定です。ブレントは1.4%上昇し、WTIは0.8%上昇するように設定されていました。

ウィルバー・ロス米商務長官は金曜日のフォックス・ビジネス・ネットワークのインタビューで、米国が中国との第1段階の貿易協定について最終合意に達する可能性が非常に高いと述べた。

「私たちは今、最後の詳細に取り組んでいます」とロスは言いました。

米中貿易交渉は金曜日に電話で継続するように設定されました。

国際エネルギー機関からの月次報告書は、米国、ブラジルからの生産を引用して、非OPECの供給成長が2019年の180万バレル/日と比較して、来年1日あたり230万バレル(バレル/日)に急増すると予測した後、価格に重きを置いた、ノルウェー、ガイアナ。

リッターブッシュ・アンド・アソシエイツのジム・リッターブッシュ社長は「今日の月間IEAリリースは来年の非OPEC石油供給成長の予想外の上方調整という形でいくつかの弱気な側面を提供し、WTI値を一時的に低値以下に押し下げた」と述べた。

OPEC事務局長のモハマド・バルキンドは今週、2020年にはライバルの米国生産の成長が鈍化するだろうと、より明るい絵を描いたが、グループの報告書はOPEC原油の需要は低下すると予想されていた。

OPECは、原油の需要が来年平均で1日あたり2,958万バレル(bpd)であり、2019年よりも112万bpd少なく、2020年の約70,000 bpdの余剰を示すと述べた。

石油輸出国の組織とその同盟国は、価格を下支えするために供給を削減し、ウィーンでの12月5〜6日の会議で産出政策について議論することが期待されています。既存の生産契約は3月まで続きます。

米国の生産は上昇を続けています。米国エネルギー情報局は水曜日に発表された予測で、同国の原油生産量は今月、記録的な1,300万バレル/日を記録し、2019年と2020年に予想を上回る成長を遂げると発表した。

しかし、来年、米国の生産量の増加とブラジル、ノルウェー、ガイアナでの生産競争により、米国のシェール生産者の利益が圧迫されており、2020年に支出がさらに凍結し、生産成長が鈍化する予定です。

今週、米国のエネルギー会社は、4週連続で稼働する石油掘削装置の数を削減し、11月15日まで1週間に10台の石油掘削装置を削減し、エネルギーサービス企業のBaker Hughes Coは金曜日に述べた。合計数は現在674で、2017年4月以来の最低です。


(ジュリア・ペインとアーロン・シェルドリックによる追加報告;ジョナサン・オアティス、キルステン・ドノヴァンによる編集)