原油在庫が再び低下、ブレントは約60ドル

Jim McCaul12 12月 2018
(写真:ヘス)
(写真:ヘス)

先週の米国の原油在庫は再び下落し、2014/16オイル絡みが繰り返される恐れが減った。米国エネルギー情報局(EIA)の最新週刊調査では、12月7日に終了した週に120万バレルの小規模在庫が減少したことが示されている。これは前週の730万バレル減少に続く。過去2週間の減少は、米国の原油在庫の10週間連続の伸びに続く。

EIAデータには米国の在庫のみが含まれていますが、調査結果は国際的な数値より信頼性が高く、グローバル在庫状況の代理として使用されることがよくあります。

原油価格は10月初めから30%下落したままである。ブレントは12月12日現在60ドル前後で取引されている。

原油価格は、需要と供給のバランスを取るために必要な水準を定期的に超えています。現在の価格は、増加する需要に応え、枯渇する埋蔵量を置き換えるために投資を誘致するために必要なバランスレベル以下です。 OPEC +の生産量削減が計画どおりに実施され、主要な需要の中断が発生していないと仮定すると、2019年第2四半期の65〜75ドルの価格帯に戻るはずです。2019/23生産量の予測は、 5年。

しかし、2019年の後半は、米国のシェール部門のロジスティックなボトルネックが解消されるため、米国の石油生産量が大幅に増加する見込みです。米国の石油生産量は2019年に11%増加すると予想され、OPEC +は価格崩壊を防ぐために供給量を引き続き計測する必要がある。

一方、最近の原油価格の下落は、将来の動きが見込まれるオフショア・プロジェクトに影響を与えています。しかし、大きなオフショア生産者の投資計画に大きな影響はなかった。例えば、ChevronとHessは、来年のより高い支出計画を示している。ペトロブラスは2019/23年の間にE&P支出のために688億ドルの予算を設定した。これは2018/22年計画より14%高い数字である。

(出典:IMA)

カテゴリー: エネルギー, 再生可能エネルギー