国際契約を浚渫することはSIFに移行する

Laxman Pai13 12月 2018
シーメイドオフショア風力発電所。画像:DEME Group
シーメイドオフショア風力発電所。画像:DEME Group

オランダに拠点を置くSif Holding NVは、Dredging InternationalがSifに58のモノパイルとSeaMadeオフショア風力発電所のトランジションピースの主要鋼材の生産を授与したと発表しました。

オフショアの風力発電と石油・ガスのスチールファンデーションを製造する企業は、DEMEグループの子会社であるEPCIの請負業者であるDredging Internationalによって契約が授与されたと発表した。トランジションピースは、HobokenのSmuldersと合弁で製造されます。

SeaMadeオフショア風力発電所は、22〜38m水深のオステンド(ベルギー)沿岸から約40〜50kmに位置しています。 SeaMadeは、Otaryグループ(70%)、Electrabel(Engie)(17.5%)、Eneco Wind Belgium(12.5%)の合弁会社であるSeaMade NVによって開発されます。

487メガワットのオフショア風力発電所は、それぞれ8.4MWの容量を持つSiemens-Gamesaタービン58基で構成され、モノファイル基盤に設置される予定です。トランジションピース用のモノファイルと主要鋼はSifによって製造されます。 Smuldersは二次鋼を製造し、トランジションピースの装備を担当する。

プロジェクトの総量は、MPの場合は約60千トン、TPの場合は第一次鋼の13.7千トンになります。生産は、2019年に予定されています。このプロジェクトは、8月に暫定的な2018年の結果を発表する際に発表されたSifの注文書に既に掲載されています。

当時SifとDredging Internationalが独占的な交渉を行っていたプロジェクトであった。最後の12月3日の金融閉鎖に続いて、契約は現在堅実になっています。

カテゴリー: オフショアエネルギー, 契約, 浚渫, 風力