急なスライドの後のオイルサージ8%

David Gaffen著26 12月 2018
©viking75 / Adobe Stock
©viking75 / Adobe Stock

水曜日のオイルは急上昇し、急激な損失から部分的に回復し、2017年以降見られなかった原油ベンチマークを最低水準に追い込んだ。

米国とブレントの原油は、OPECが生産量削減の画期的な合意に署名した2016年11月30日以来、1日で最大の増加となり、約8%上昇しました。新しい年が始まった後にトレーディングデスクのスタッフがいっぱいになると、フォロースルー購入が再び価格を引き上げるかどうかは不明でした。

米国政府の閉鎖、米国の金利の上昇、米中貿易の紛争により投資家が不安を感じられ、世界経済の成長に対する不安が深刻化したため、原油はより広範な市場の低迷に巻き込まれました。

デンバーのDrillingInfoのマーケットインテリジェンス担当副社長、ベルナデットジョンソンは、次のように述べています。売却は「需要に対する信頼の強さを示すものではありませんが、まだ早すぎます。45ドルが低すぎると私たちは信じています」

米国原油は1バレル当たり46.22ドルで、3.69ドル(8.7%)上がった。その日の利益があっても、米国原油は10月の終値から40%近くも失っており、1バレル当たり76ドル以上に達しています。

世界的なベンチマークであるブレント原油は、4ドル(8%)上昇して1バレル当たり54.47ドルで落ち着いた。それは早めに2017年7月以来最低の49.93ドルまで落ちた。

Tudor、Pickering&Holtのアナリストは、最近の売却は「株式のボラティリティの増大とマクロの懸念の高まりにより多くの資産クラスが重視されるようになったため、根本的な原動力の低下と市場全体のメルトダウンの影響を受けた」と述べた。

クレディ・スイスのデータによると、ファンドは今年、12月半ばまでの平均商品取引アドバイザー・ファンド(CTA)で石油市場で多額の損失を被った。

ロシアの石油会社Rosneft、Igor Sechinの頭は2019年に50ドルから53ドルの原油価格を予測しました。

それでも、石油の輸出見通しは、供給過剰が発生した2016年ほど弱くはない。なぜなら今回の石油輸出国機構は市場を支えようとしているからだ、とJakobは言った。

石油輸出国の組織とロシアを含むその同盟国は今月初めに2019年に生産量を削減することを決定し、より多くの石油を汲み出すという6月の決定を巻き戻した。合同グループは来年、生産量を120万bpd減少させる計画です。


(Jane ChungとNaveen Thukralによる追加報告、Mark Heinrich、Tom BrownとDavid Gregorioによる編集)

カテゴリー: エネルギー, ファイナンス