抗議にもかかわらずBPリグが現場に到着

19 6月 2019
(写真:グリーンピース)
(写真:グリーンピース)

活動家グループは、グリーンピースによる気候変動に対する抗議行動が11日遅れたことを受けて、水曜日にBPの掘削装置が北海の目的地に到着したと述べた。

先週の金曜日にスコットランドのインヴァネスの北、クロマーティファースを去った4万トンのポール・ロイド国鉄は、登山して片足で野外活動をした活動家によって6日間握られた。

GreenpeaceのArctic Sunrise船がVorlich油田に到達して掘削作戦を開始するのを阻止した後、海上になると、リグとその支援船は3回撤退を余儀なくされました。

リグは水曜日の午後にようやく目的地に到着した、とグリーンピース氏は述べた。船舶追跡ウェブサイトmarinetraffic.comによると、船舶は停泊していた。

グリーンピースの気候キャンペーン担当者であるサラノースは、次のように述べています。

BPはコメント要請に応答しなかった。

BPは昨年、北海中央部のVorlich油田を開発するために2億ポンド(2億5,116万ドル)を投資する計画を発表しました。

BPのウェブサイトによると、1日あたり20,000バレルの生産量で2020年に生産を開始する予定です。


Ron Boussoによるレポート

カテゴリー: オフショアエネルギー, 法的