教皇はバチカンの気候会議でオイルメジャーに取り組む

フィリップ・プーレラ1 6月 2018
©Mazur / catholicchurch.org.uk
©Mazur / catholicchurch.org.uk

バチカン市国民は、来週気候変動と化石燃料からの移行について、世界トップの石油会社の役員を来週開催すると発表した。

2015年に地球温暖化から環境を保護するための主要な文書を書いたFrancis教授は、6月8日〜9日の会議の最終日にこのグループに取り組む予定です。

米国のノートルダム大学が主催するこの会議には、ExxonMobil、Eni、BP、Royal Dutch Shell、Pemexなどの会社のヘッドまたは上級役員が出席する予定です。

石油・ガス業界は、パリで署名された2015年の気候変動合意で定められた目標を達成するために、投資家や活動家から温室効果ガスの排出削減に大きな役割を果たすよう圧力が高まっています。

企業は世紀末までにゼロエミッションのグローバルな目標を達成するために、風力や太陽などの再生可能エネルギーに比べて、ガスの需要の増加に最も恵まれています。

この会議は、「カステナ・ピオIV」と呼ばれるバチカン庭園の16世紀のヴィラであるポンティファリカル・アカデミー・オブ・サイエンス(Pontifical Academy of Sciences)で開催されます。

発展途上国の最初の教皇フランシスは、2015年の回文では、「ラウダート・シ(賞賛)」と呼ばれ、豊かな国々の生活文化の変化を「使い捨て」の消費文化に浸透させ、時には共通の利益の前に利益をもたらす「妨害主義的態度」への終わり。

6章の回文のいくつかの節で、フランシスは気候変動疑惑者とそれが人工ではないと言っている人々の両方に立ち向かいました。

彼は、地球が温暖化しており、温暖化ガスが「人間の活動の結果として主に放出されたために、この温暖化または少なくともそれを作り出すか、または悪化させる人間の原因と戦わなければならない」という非常に確固たる科学的コンセンサスがあった"

フランシスコは、化石燃料に基づく技術を「遅滞なく徐々に取り替える必要がある」とし、再生可能エネルギーの源泉が発達したと言って、汚染ガスを大幅に削減する政策を求めた。

情報筋は、バチカンの人間開発促進部門であるピーター・トゥルク枢機卿(Peter Turkson)枢機卿が、地球温暖化防止の必要性を強く支持していることを明らかにした。

昨年、気候変動に関するパリ合意を強く支持していたフランシスは暗黙のうちに、合意を脱退したとしてアメリカを批判した。

会議が開催されるアカデミーの首相、マルセロ・サンチェス・ソロンド司教は、米国の撤退をバチカンの「大惨事」と呼んだ。


(Philip Pullellaによる報告; Edmund BlairによるRon Bousso編集による追加報告)

カテゴリー: エネルギー, ニュースの人々, 人と会社のニュース