日本は初めての地域間で余分な再生可能電力を移転する

つきまりとアーロン・シェルドリック3 10月 2018
©leungchopan / Adob​​e Stock
©leungchopan / Adob​​e Stock

ロイター通信によると、日本は電力部門の大幅な改革以来、2つの電力地域間で余分な再生可能エネルギー供給を初めて移転した。

九州の島から本州の本島に余剰の太陽光発電を移転することは、市場が競争激化する中で、以前の地域化された電力網の柔軟性の向上を意味する。

OCCTOの広報担当者によると、九州電力は、関西電力、中部電力などの5つの公益事業者に月曜日に1.125ギガワットまで転送したと発表した。

政府が2015年に地方独占の大電力公益事業を剥奪し、700億ドルの小売電力市場を何百人もの新規参入者に開放した後、OCCTOが電力グリッドを監視するために設立されたのは初めての移転であった。

この改革は、2011年の福島災害の後、地震と津波が核の崩壊と広範囲にわたる停電につながり、政府が義務付けている再生可能エネルギーの供給を増やした結果であった。

九州電力が運営する九州の太陽光と豊富な土地のため、太陽光発電は特に急速に伸びています。

しかし、主要な送電網の支配下に置かれた旧地域の独占企業は、再生可能エネルギーが送電網の不安定化を招き、ネットワーク間の相互接続が大規模な送電に対処できないと訴えた。

九州電力は今月、ロイター通信に対し、最近の原子炉の再開により、今秋には再生可能エネルギーの購入規制が可能になる可能性がある、と述べた。

同社広報担当者によると、月曜日の譲渡は、九州電力が第三者供給の太陽エネルギーを削減する必要性を避けるのに役立ったという。

政府は、2015年に規制を変更し、古い電力会社が送電網の安定性を維持する必要があると判断した場合、太陽光や風力発電所からの再生可能エネルギーの供給を制限することができました。

短期間で報酬を払うことなく注文を行うことができますが、水力や化石燃料の出力を最初に抑制したり、余分な物資を送ったりした後にのみ規制を行うことができます。


(報告:Tsukimori作、Aaron Sheldrick著、Richard Pullin編集)

カテゴリー: エネルギー, 再生可能エネルギー