東シナ海紛争:日本が中国の掘削船に抗議

マリンリンクス14 7月 2018
画像:©da_on / Adob​​e Stock
画像:©da_on / Adob​​e Stock

日本政府は、東シナ海でガス掘削船が紛争のある水域で活動することを許可したとして中国に抗議した。日中両国は2008年に共同でガス田開発を行うことに合意したが、その後も交渉は止まっている。

菅義秀内閣官房長官は記者会見で、「中国が東シナ海で日中境界線を修正していない状況で、海域で一方的な発展を続けることは極めて残念だ」と述べた。
スガ氏は、日本は、中国が協議に復帰するよう、引き続き促すと述べた。

両国の関係は、中国が主張している東シナ海の島を国有化した2012年に急激に悪化した後、近年改善している。


日本との中国の関係は、第2次世界大戦の前と最中に、東京が中国の一部の占領を償うことができなかったことを、北京が見ていることによって、長年にわたり中毒されてきた。

(金子香織によるロイター通信、ニック・マッキーによる編集)

カテゴリー: オフショア, オフショアエネルギー, 政府の更新, 政府の更新, 法的