株式市場の下落に伴い、石油価格は一年ぶりに低下する

ステファニー・ケリー20 12月 2018
©エルヌール/アドビストック
©エルヌール/アドビストック

石油価格は木曜日に約3%下落し、米国の金利上昇が株式市場を暴落させたため、供給過剰とエネルギー需要の見通しについての懸念から最低でも1年以上ぶりに低下した。

北海ブレント原油先物相場は1バレル= 55.71ドルから55.71ドル、2.7%減と同10:55 am東北地方(1555GTT)まで下落した。米国西部テキサス州中間産品(WTI)の原油先物は、1.55ドルから46.62ドルへと低下し、3.2%の損失となった。

ブレント首相は、2017年9月中旬以来最も弱い1バレル= 54.64ドルのセッションを低迷したが、WTIは2017年8月下旬以来の最低水準に近く、45.82ドルまで下がった。

米国連邦準備理事会(FRB)が米国の金利を引き上げ、今後2年間で追加の引き上げについてのガイダンスの大部分を維持したことにより、株式は世界的に下落し、投資家はより好意的な政策見通しを望んでいた。

米国の株式市場は木曜日に下落を続け、原油価格を引き下げた。

シカゴのプライス・フューチャーズ・グループのアナリスト、フィル・フリン氏は、「昨日の連邦機関の後には、まだまだ減退している」と述べた。 「市場では、景気の見通しについて疑問があり、それはこの方程式の需要側に重荷を与えている」

両主要石油先物契約は、10月初旬に達した複数年の最高値から35%以上下落した。

国際エネルギー機関(FTI)のヘッド氏は、地政学上の問題がなければ、短期的に石油価格の急騰は期待していないと述べた。

石油輸出国機構とロシアを含む他の石油生産者は、今月、タンクを排水し価格を引き上げるために、1日に120万バレル(bpd)の生産を抑制することで合意した。

しかし、来月までは削減は行われず、生産量は米国、ロシア、サウジアラビアで過去最高となっている。

ニューヨークの再キャピタル・マネジメントのパートナー、ジョン・キルダフ(John Kilduff)は、「OPECとロシアの石油生産者が暴走した生産を抑制する能力に疑念を抱いている。 「これは「ショー・ミー」市場となっている。断言する約束や約束は今では不十分だ」

OPECのムハンマド・バークインド事務総長は、ロイター通信が木曜日に発表した書簡で、OPECは、価格を引き上げるため、ロシアなどのメンバーや同盟国の自主的なアウトプット削減クォータを詳述する表を公開する予定だと述べた。

サウジアラビアのエネルギー大臣Khalid al-Falih氏は、第1・四半期末までに世界の石油株が下落すると予想しているが、市場は政治的・経済的要因や投機的な影響を受け易いと付け加えた。

トレーダーらによると、米国原油先物市場であるクッシングの米国原油在庫は、18日までに185万バレル増加し、Genscapeのデータを引用した。

(ニューヨークのStephanie Kelly、ロンドンのChristopher Johnson、北京のMeng Meng、Aizhu Chen、Jan HarveyとJames Dalgleishによる編集)

カテゴリー: エネルギー, シェールオイル&ガス, ファイナンス