石油価格はOPEC主導のカットに上る

Jessica Resnick-Ault著7 12月 2018
(ファイル写真:OPEC)
(ファイル写真:OPEC)

ロシアのOPEC加盟国や同盟国が、世界的な燃料在庫を枯渇させ、市場を支援するために生産量を減らすことに同意した後、原油価格は金曜日に2%以上上昇したが、生産量の増加を相殺しないという懸念があった。

OPEC +と呼ばれる石油輸出国機構とロシア主導の同盟国は、来年の年間生産量を120万バレル削減し、4月の会議で再検討することで合意した。

ドナルド・トランプ米大統領の原油価格引き下げに対する圧力にもかかわらず、市場が期待していた最低100万バレルよりも大きかった。

OPECは1月から80万バレル/日の生産を抑制し、非OPEC同盟国は40万バレル/日の追加削減に貢献すると、トルーマン石油相は述べた。

この交渉は、ロシアがあまりにも少なくなる恐れや、米国の制裁措置によって原油輸出が枯渇したイランが免除を受けず、合意を阻止する懸念があって、2日間のバランスで吊り下げられた。

しかし、何時間もの会談後、イランはOPECに緑色の光を与え、ロシアはそれをもっと切る用意があると言った。

ロシアは10月の1140万バレル/日から228,000バレル/日の生産量を削減するという約束をしたが、削減は徐々に行われ、数ヶ月にわたって行われると述べた。

コンサルタントであるStratas Advisorsのエグゼクティブバイスプレジデント、John Paisieは次のように述べています。「切れ目がなければ、市場には極端に下向きの圧力がかかっています。

「サウジアラビアは、米国との関係を維持していることを確認したいが、予算のバランスを取るためには原油価格を高くする必要があるため、削減を必要としている。

ブレント原油は1.61ドル(2.7%)高の1バレル= 61.67ドルで取引を終えた。初期の取引では、世界のベンチマークは、石油輸出業者が出力目標を変更しないままにしているかのように見えると60ドルを下回っていた。その後、セッションの遅れを取り戻す前に、合意のニュースで63.73ドルのセッションハイに戻った。

米国原油は前日の1バレル= 52.21ドルから1.22ドル(2.2%)高の54.22ドルとなった。

米国原油は週3%増、ブレントは4.8%増でした。

石油価格は、供給が急増し、世界的な需要の伸びが鈍化しているため、10月以来30%急落した。

カットの発表は当初価格を上回ったが、米国ではこれがトッププロデューサーとなった新しい生産量をカットしないという懸念から、熱気の一部が冷めた。

BNPパリバの世界石油ストラテジストHarry Tchilinguirianは、120万バレルを削減した場合、完全に実施されれば、「来年上半期の予想される世界的な在庫在庫の大幅な削減には十分であるが、ロイター・グローバル・オイル・フォーラム

アナリストや市場参加者の中には、オンラインでの供給があるため、石油の流通を止めるには十分ではないかもしれないとの見方もある。

ワシントンのラピダン・エナジー・グループの社長、ロバート・マクナリー氏は、「この荒れ果てる供給津波がどれほど大きいのかと比べて、来年は大きなインベントリの建設を防ぐのに十分ではない」と述べた。 「トランプ大統領とプーチン大統領はOPEC +の撤退を阻止したが、これは堅調なフロアを価格下に置くために必要だった。彼らは価格の下に不毛の床を置いている。

トランプはOPECに価格を低く保つよう頼みました、ツイッターメッセージでサウジアラビア人に嘆願しました。ロシアは当初、OPECとともに生産を削減していた。

世界最大の生産国であるOPEC、ロシア、米国からの生産量は、2017年末から3.3百万バレル/バレル増加して5638万バレル/バレルとなり、世界全体の消費量の約60%を占めている。

この急増は主に、米国の石油生産量が急増したことによるものであり、2016年初頭から250万バレル増加し、1170万バレルとなった。

ゼネラル・エレクトリック・カンパニーのベーカー・ヒューズエネルギーサービス会社は、最近、リグを追加した後、2年以上で石油リグを大幅に削減したと発表した。

将来の生産の指標であるリグカウントは、2016年5月以来の最大の週休みである12月7日まで、週10回の石油リグで落ちた。877で、751リグが稼働していた前年よりも高かった。


(Julia Payne、Christopher Johnson、Henning Gloysteinによる追加報告; Marguerita ChoyとBernadette Baumによる編集)

カテゴリー: ファイナンス