石油化学:弱いマージン掃引アジア

セン・リー・ペン3 1月 2020
©Andrei Merkulov / Adobe Stock
©Andrei Merkulov / Adobe Stock

非常に高い原料コストを引き渡すことができないアジアの石油化学メーカーは、カットを実行したり、クラッカーの操業停止期間を延長して悪い時代を切り抜けようとしています。

9月中旬のサウジ油田へのドローン攻撃による供給不足のため、原油由来のナフサプレミアムが最近記録を更新したか、記録的なレベルに近づいたため、アジアのトップナフサ輸入国である韓国と東南アジアで暗がりが明らかになりました重質精製所のメンテナンス。

米国の空爆がイランのエリートのクッズ・フォースの指揮官とイラク民兵隊長を殺害した後、米国とイランの間に緊張が高まっていることを考えると、買い手はさらに懸念しています。攻撃後に原油価格が急騰しました。

「市場は非常に不安定です。イランが何をするのか、誰が知っていますか?石油製品にとっては、製品の需要が悪いが原料コストが高いのは悲しいことです」とナフサのバイヤーは言いました。

通常、ナフサの価格は、エチレン価格を1トン下回る250〜300ドルにする必要があります。

しかし、現時点では、差額は100ドルでさえない、と買い手は述べた。

韓国では、トップの石油化学メーカーLG Chemが、今月の全クラッカーの稼働率をフル稼働から95%に下げると述べました。

LG Chemは、合計容量が年間約240万トン(tpy)の2つのクラッカーを所有しています。

800,000 tpyユニットを持つ国内最小のクラッカーオペレーターであるKPICは、今月末まで100%から約90%のクラッカーを稼働させます。

同様に、韓国のロッテケミカルとシンガポールPCSが所有するマレーシアに拠点を置くTitanのクラッカースループットも、フル稼働から90%まで低下しています。

これらの2つの会社の合計クラッカー容量は240万tpyです。

フィリピンでは、JG Summit Olefinsは、32万tpyのクラッカーの再起動を、メンテナンスと拡張の作業に続いて12月から1月の第3週に延期しました。

アジアで2番目に大きいナフサ輸入業者である日本の少なくとも3人のクラッカーオペレーターが操業を停止しましたが、参加者が年末の休暇に不在だったため、これは確認できませんでした。

ナフサクラッカーが弱いマージンと戦うためにランを削減しなければならなかった最後の時は、金融危機の2008年でした。


(Seng Li Pengによる報告、Jane Chungによる追加報告、Shri Navaratnam、Raju Gopalakrishnanによる編集)

カテゴリー: ファイナンス